現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗

ここから本文です
試乗記 2013.1.25 レポート:河口 まなぶ / 写真:中野 英幸

CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗
  • CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗
  • CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗
  • CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗
  • CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗
  • CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗
  • CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗
  • CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗
  • CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗
  • CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗
  • CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗
  • CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗
  • CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗
  • CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗
  • CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗
  • CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗
  • CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗
  • CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗
  • CLSシューティングブレーク&スマートEV試乗

スタイルこそが命の1台

実際に乗ってみると、なるほどこれは特別な感じがある。第一に良い意味で、Eクラスワゴンほど機能的な感じがない。ドライバーやパッセンジャーのために、Eクラス以上に寛げる空間が構築されており、この点には高い満足感が得られる。後ろを振り返らなければ、ワゴン形状のボディがあるとは思えないラグジュアリーな空間創りがなされる。

走らせると、これもEクラスとは異なる雰囲気が感じられるものとなっている。そもそもEクラスも走りは素晴らしいけれど、CLSはそれに輪をかけてメルセデス・ベンツらしい、しっとりとして上質な感覚と、何事があっても大丈夫と思えるような安定性から安心感を生み出す感覚が見事に融合しており、とてもリラックスして走らせることができる。

搭載されるパワーユニットも、数値以上の豊かな感覚を生み出し、決して過度ではない力の出し方で思うがままの走りを手に入れることができる。この感覚は、大排気量のメルセデスならではのものだろう。

さらにもっと特別なモデルを望むなら、CLS63AMGが用意されている。こちらはノーマルよりも明らかにスポーティにセッティングされたサスペンションを備える上に、5.5LのV8ツインターボが豪快なサウンドとともに強烈な動力性能を提供する。単にラグジュアリーなだけでなく、色気や艶を存分に醸し出す1台になっている。

CLSシューティングとは、生活を豊かにしてくれる贅沢な1台である。ワゴンとして使う…というよりも、サルーンのCLS同様にまずそのスタイルこそが命の1台であり、たまたま使い勝手が良いに過ぎない。そう考えると、経済的にも精神的にも豊かな人が選ぶ乗り物という表現が相応しい。

試乗ステージ:小田原周辺 車種:CLSクラス シューティングブレーク

    全長×全幅×全高=4970×1880×1420mm
    ホイールベース=2875mm
    車重=2030kg
    駆動方式=4WD
    エンジン=4.7リッターV型8気筒DOHC直噴ターボ
    最高出力=300kW(408ps)/5000-5750rpm
    最大トルク=600Nm(61.2kg-m)/1600-4750rpm
    トランスミッション=7速AT
    JC08モード燃費=9.4km/L
    車両本体価格=1240万円
    発売日=2012年10月12日

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します