現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > コンチネンタルGTC V8 完璧に乗りこなせるか

ここから本文です
試乗記 2013.1.21 レポート:岡崎 五朗 / 写真:菊池 貴之

コンチネンタルGTC V8 完璧に乗りこなせるか

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コンチネンタルGTC V8 完璧に乗りこなせるか
  • コンチネンタルGTC V8 完璧に乗りこなせるか
  • コンチネンタルGTC V8 完璧に乗りこなせるか
  • コンチネンタルGTC V8 完璧に乗りこなせるか
  • コンチネンタルGTC V8 完璧に乗りこなせるか
  • コンチネンタルGTC V8 完璧に乗りこなせるか
  • コンチネンタルGTC V8 完璧に乗りこなせるか
  • コンチネンタルGTC V8 完璧に乗りこなせるか
  • コンチネンタルGTC V8 完璧に乗りこなせるか
  • コンチネンタルGTC V8 完璧に乗りこなせるか
  • コンチネンタルGTC V8 完璧に乗りこなせるか
  • コンチネンタルGTC V8 完璧に乗りこなせるか
  • コンチネンタルGTC V8 完璧に乗りこなせるか
  • コンチネンタルGTC V8 完璧に乗りこなせるか
  • コンチネンタルGTC V8 完璧に乗りこなせるか
  • コンチネンタルGTC V8 完璧に乗りこなせるか
  • コンチネンタルGTC V8 完璧に乗りこなせるか

なぜベントレーはV8を出してきたのか?

ベントレー・コンチネンタルを前にすると「高級車」という言葉が陳腐なものに思えてくる。そこから伝わってくるのは周囲の空気感を凜としたものに変えてしまうほどの圧倒的な存在感と貫禄。こいつと並んだらメルセデス・ベンツSクラスやBMW7シリーズ、アウディA8ですら庶民的なクルマに思えてくる。ましてやオープンモデルのGTCともなれば、華やかな雰囲気がよりいっそう増すわけで。

価格は2360万円。今回の試乗車は4LV8ターボということで6LW12ターボモデルより280万円ほどお安い。が、一台のクルマにオプション含めて2500万円以上支払える人にとって、280万円の差額などたいした問題ではないだろう。そもそもベントレーは「280万円安いから買う」なんてブランドではない。たとえV8だろうと新車でベントレーをポーンと買う人のほとんどは価格以外の部分に惹かれて購入に至るはずである。

ではなぜベントレーはV8を出してきたのか。答えははっきりしている。価格を抑えるためではなく、CO2排出量削減の削減が狙いだ。6LW12ターボに対する4LV8ターボの燃費=CO2排出量はおよそ40%減と大幅だ。とはいえこれを「地球環境にとって大きな貢献である!!」などと考えるのは早計だろう。ここ数年で劇的に増えてなお年間生産1万台レベル。そんなベントレーがたとえ燃費を40%改善しようが、あるいは40%改悪しようが、自動車保有台数10億台という地球規模の課題には毛ほどの影響も及ぼさない。

ならばなぜベントレーはあえてエンジンのダウンサイジングを図ってきたのだろう?

試乗ステージ:都心エリア 車種:コンチネンタルGTC

    全長×全幅×全高=4806×1945×1400mm
    ホイールベース=2746mm
    車両重量=2470kg
    駆動方式=4WD
    エンジン=4リッターV型8気筒直噴ツインターボ
    最高出力=373kW(507ps)/6000rpm
    最大トルク=660Nm(67.3kg-m)/1700rpm
    トランスミッション=8AT
    0-100km/h加速=5.0秒
    最高速度=301km/h
    車両本体価格=2190万円

メーカーから編集記事を探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します