現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > ミラージュ発進。軽量&エコ・コンパクトの実力

ここから本文です
試乗記 2012.8.30 レポート:小沢 コージ / 写真:篠原 晃一

ミラージュ発進。軽量&エコ・コンパクトの実力

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ミラージュ発進。軽量&エコ・コンパクトの実力
  • ミラージュ発進。軽量&エコ・コンパクトの実力
  • ミラージュ発進。軽量&エコ・コンパクトの実力
  • ミラージュ発進。軽量&エコ・コンパクトの実力
  • ミラージュ発進。軽量&エコ・コンパクトの実力
  • ミラージュ発進。軽量&エコ・コンパクトの実力
  • ミラージュ発進。軽量&エコ・コンパクトの実力
  • ミラージュ発進。軽量&エコ・コンパクトの実力
  • ミラージュ発進。軽量&エコ・コンパクトの実力
  • ミラージュ発進。軽量&エコ・コンパクトの実力
  • ミラージュ発進。軽量&エコ・コンパクトの実力
  • ミラージュ発進。軽量&エコ・コンパクトの実力
  • ミラージュ発進。軽量&エコ・コンパクトの実力
  • ミラージュ発進。軽量&エコ・コンパクトの実力
  • ミラージュ発進。軽量&エコ・コンパクトの実力
  • ミラージュ発進。軽量&エコ・コンパクトの実力
  • ミラージュ発進。軽量&エコ・コンパクトの実力
  • ミラージュ発進。軽量&エコ・コンパクトの実力
  • ミラージュ発進。軽量&エコ・コンパクトの実力
  • ミラージュ発進。軽量&エコ・コンパクトの実力
  • ミラージュ発進。軽量&エコ・コンパクトの実力
  • ミラージュ発進。軽量&エコ・コンパクトの実力
  • ミラージュ発進。軽量&エコ・コンパクトの実力
  • ミラージュ発進。軽量&エコ・コンパクトの実力
  • ミラージュ発進。軽量&エコ・コンパクトの実力
  • ミラージュ発進。軽量&エコ・コンパクトの実力

特別凄くもないが、特別欠点もない

 ただし、割り切った分、走りや質感は正直しょぼい。むろんパッと見、目に付くインパネは、ハード素材の割に質感は高いし、それなりのメタリック風パネルも使われている。だが、走り出すとすぐに限界が出る。

 発進そのものはさすがの900kg弱の軽さと日産車にも使われている高効率のジャトコ製副変速機付きCVTで、悪くない。というか、69psの1リッター直3とは思えない出足だ。ところがその後はそれなり。CVTがゆえに、加速はモワーっとキレがなく、エンジン音も適材適所で遮音材を入れたというがそれなりにする。

 さらにハンドリングと乗り心地だ。特に悪くはないが、このクラスでホンダ・フィットなどの走りを知っちゃった身からすると、正直キレとフラットさは足りない。

 エクステリアデザインも、一応イマドキの顔はしているが、全体的に個性に乏しく、これぞ三菱! という感じもない。

 もちろんその分、良さはあって、FF車にしてはノーズが短い上、ボンネットに微妙に凹凸があるので前方の見切りはいいし、ボディが小さい分、最小回転半径も4.4mとほぼ軽自動車並み。確かにメチャクチャ扱い易い。

 しかし走っているとちょっとデカ目の軽自動車…という風情ではあるのだ。ただし、これは年がら年中いろんなクルマに乗るジャーナリストとしての率直な感想だ。自分で言うのもなんだが、妙にグルメになってしまい、味の差が目に付く体質ではある。

 よって自戒を込めて言うが、このクルマの正統な評価を下せるかは心許ない。もしや売れたらそちらが正義。このコストとクオリティ感が世間に受け入れられたということ。私はその可能性も十分にあると思っている。

試乗ステージ:- 車種:新型ミラージュ

    全長×全幅×全高=3710×1665×1490mm
    ホイールベース=2450mm
    車重=870kg
    駆動方式=FF
    エンジン=1.0リッター直3DOHC
    最高出力=51kW(69ps)/6000rpm
    最大トルク=86Nm(8.8kg-m)/5000rpm
    トランスミッション=CVT
    JC08モード燃費=27.2km/L
    車両本体価格=128万8000万円
    発売日=2012年8月31日

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します