現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > ミラージュ発進。軽量&エコ・コンパクトの実力

ここから本文です
試乗記 2012.8.30 レポート:小沢 コージ / 写真:篠原 晃一

ミラージュ発進。軽量&エコ・コンパクトの実力

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ミラージュ発進。軽量&エコ・コンパクトの実力
  • ミラージュ発進。軽量&エコ・コンパクトの実力
  • ミラージュ発進。軽量&エコ・コンパクトの実力
  • ミラージュ発進。軽量&エコ・コンパクトの実力
  • ミラージュ発進。軽量&エコ・コンパクトの実力
  • ミラージュ発進。軽量&エコ・コンパクトの実力
  • ミラージュ発進。軽量&エコ・コンパクトの実力
  • ミラージュ発進。軽量&エコ・コンパクトの実力
  • ミラージュ発進。軽量&エコ・コンパクトの実力
  • ミラージュ発進。軽量&エコ・コンパクトの実力
  • ミラージュ発進。軽量&エコ・コンパクトの実力
  • ミラージュ発進。軽量&エコ・コンパクトの実力
  • ミラージュ発進。軽量&エコ・コンパクトの実力
  • ミラージュ発進。軽量&エコ・コンパクトの実力
  • ミラージュ発進。軽量&エコ・コンパクトの実力
  • ミラージュ発進。軽量&エコ・コンパクトの実力
  • ミラージュ発進。軽量&エコ・コンパクトの実力
  • ミラージュ発進。軽量&エコ・コンパクトの実力
  • ミラージュ発進。軽量&エコ・コンパクトの実力
  • ミラージュ発進。軽量&エコ・コンパクトの実力
  • ミラージュ発進。軽量&エコ・コンパクトの実力
  • ミラージュ発進。軽量&エコ・コンパクトの実力
  • ミラージュ発進。軽量&エコ・コンパクトの実力
  • ミラージュ発進。軽量&エコ・コンパクトの実力
  • ミラージュ発進。軽量&エコ・コンパクトの実力
  • ミラージュ発進。軽量&エコ・コンパクトの実力

三菱がマジメに作った世界最小レベルのワールドカー

 というわけで新型ミラージュ。そのハードウェア的なポイントはサイズと車重にある。全長約3.7mで、車重800kg台。これだけボディに衝突安全性が求められるにも関わらず、大人5人が乗れて、このサイズと軽さは驚異的だ。恐らく安全性など二の次だった1980年代ぐらいのコンパクトカーのスペック観と言っても差し支えないだろう。

 これがなぜ実現できたかというと、今の設計技術とボディ材質の向上にある。新型ミラージュは高張力鋼板を多用。それもなるべく値段に影響しないように、3種類ぐらいの鋼板を適材適所に使用。さらにマツダのスカイアクティブの如く、ボディ角材の断面を大きくし、力がキレイに分散されるようにストレート構造配置。結果として、軽く強く作れるようになった。

 実際、前作のコンパクトカー、コルトに比べエンジンルームの長さは約50mm減。そのため全長3.7mと短いにも関わらず、身長176cmの私が普通に前後に座れ、なおかつ235リッター(VDA法、三菱調べ)のラゲッジを持つ。厳密に言うと後席のヘッドルームは減ったが、ラゲッジは+10リッター。なかなかどうして大したパッケージだ。そう、実はこのクルマは三菱が今の時代に向けた世界最小レベルの5人乗りワールドカーなのだ。軽さのためにボディ補強が必要なスポーツグレードは廃止したし、グレードも3つにシンプル化。まさに技術と割り切りの産物なのである。

試乗ステージ:- 車種:新型ミラージュ

    全長×全幅×全高=3710×1665×1490mm
    ホイールベース=2450mm
    車重=870kg
    駆動方式=FF
    エンジン=1.0リッター直3DOHC
    最高出力=51kW(69ps)/6000rpm
    最大トルク=86Nm(8.8kg-m)/5000rpm
    トランスミッション=CVT
    JC08モード燃費=27.2km/L
    車両本体価格=128万8000万円
    発売日=2012年8月31日

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します