現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > M135iはBMWとMの良いとこ取りモデル!?

ここから本文です
試乗記 2012.8.8 レポート:清水 和夫 / 写真:BMWジャパン

M135iはBMWとMの良いとこ取りモデル!?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
M135iはBMWとMの良いとこ取りモデル!?
  • M135iはBMWとMの良いとこ取りモデル!?
  • M135iはBMWとMの良いとこ取りモデル!?
  • M135iはBMWとMの良いとこ取りモデル!?
  • M135iはBMWとMの良いとこ取りモデル!?
  • M135iはBMWとMの良いとこ取りモデル!?
  • M135iはBMWとMの良いとこ取りモデル!?
  • M135iはBMWとMの良いとこ取りモデル!?
  • M135iはBMWとMの良いとこ取りモデル!?
  • M135iはBMWとMの良いとこ取りモデル!?
  • M135iはBMWとMの良いとこ取りモデル!?
  • M135iはBMWとMの良いとこ取りモデル!?
  • M135iはBMWとMの良いとこ取りモデル!?
  • M135iはBMWとMの良いとこ取りモデル!?
  • M135iはBMWとMの良いとこ取りモデル!?
  • M135iはBMWとMの良いとこ取りモデル!?

「Mパフォーマンスオートモビル」誕生

ミュンヘンで行われたBMWアクティブハイブリッド3の試乗会ではM135iの試乗も楽しめた。「M」の称号が与えられているので、私はすっかりM3の弟分のM1なのかと思っていた。試乗会でも、M1は往年のBMWスーパーカーの名前なので、M135iという名前を使ったのでは…など、様々な憶測が飛んでいたようだ。

しかし、実際はBMWの新しい商品ラインナップだと知って驚いたのである。つまり、M135iはM社の新シリーズ「Mパフォーマンスオートモビルズ」のラインナップとして登場したのだ。その処女作はなんとディーゼルで、M社としては初めて、高性能ディーゼルエンジンモデルを「5シリーズ セダン/ツーリング」と「X5/X6」のMパフォーマンスモデルに設定したのだ。つまり、M135iはBMWにとって第2弾となるMパフォーマンスモデルで、日本では初登場ということになる。

ちなみに、一作目となる5シリーズ・X5・X6のMパフォーマンスモデルに搭載された3リッターディーゼルは、2つの小型ターボと1つの大型ターボを組み合わせている。ディーゼルが苦手とする高回転域を大きなターボで克服。まだ試乗していないが、BMWのコメントではレーシングカーのようなディーゼルだと言う。3リッターディーゼルで381ps、740Nmは信じられないパフォーマンスだ。Mパフォーマンスの技術は侮れない。噂される次期M3にも3つのターボが搭載されるが、ガソリン6気筒には「電動ターボ+ツインターボ」の3つのターボが備わるかもしれない。

M135iを含むMパフォーマンスモデルは、従来のMモデルとBMWモデルの中間に位置するモデルであると説明を受けた。アウディで言えばRSがMに相当し、SモデルがMパフォーマンスモデルなのである。M135iの特徴は335の6気筒ターボをM社の技術でチューニングしパワーとトルクを高めている。さらにタイヤはM社の掟どおりランフラットではなく、専用に開発されたスポーツタイヤを履く。

一方、BMW本社の意向を受けてギアボックスは使いやすいトルコン8速ATと新開発のドライサンプ方式の6速MTを備えている。試乗車は8速AT。また、M135iにはAWDのXドライブもラインアップされる。

試乗ステージ:- 車種:M135i

    エンジン=3.0リッター直列6気筒直噴ターボ
    最高出力=235kW(320ps)/5800rpm
    最大トルク=450Nm/1300-4500rpm
    トランスミッション=8AT
    欧州テストサイクル燃費=7.5リッター/100km(≒13.3km/リッター)
    0-100km/h加速=4.9秒
    車両本体価格=549万円

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します