現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 本当のクルマの味とは? 日産キャラバンに思う

ここから本文です
試乗記 2012.7.24 レポート:小沢 コージ / 写真:菊池 貴之

本当のクルマの味とは? 日産キャラバンに思う

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本当のクルマの味とは? 日産キャラバンに思う
  • 本当のクルマの味とは? 日産キャラバンに思う
  • 本当のクルマの味とは? 日産キャラバンに思う
  • 本当のクルマの味とは? 日産キャラバンに思う
  • 本当のクルマの味とは? 日産キャラバンに思う
  • 本当のクルマの味とは? 日産キャラバンに思う
  • 本当のクルマの味とは? 日産キャラバンに思う
  • 本当のクルマの味とは? 日産キャラバンに思う
  • 本当のクルマの味とは? 日産キャラバンに思う
  • 本当のクルマの味とは? 日産キャラバンに思う
  • 本当のクルマの味とは? 日産キャラバンに思う
  • 本当のクルマの味とは? 日産キャラバンに思う
  • 本当のクルマの味とは? 日産キャラバンに思う
  • 本当のクルマの味とは? 日産キャラバンに思う
  • 本当のクルマの味とは? 日産キャラバンに思う
  • 本当のクルマの味とは? 日産キャラバンに思う
  • 本当のクルマの味とは? 日産キャラバンに思う
  • 本当のクルマの味とは? 日産キャラバンに思う
  • 本当のクルマの味とは? 日産キャラバンに思う
  • 本当のクルマの味とは? 日産キャラバンに思う

クルマとして全然“甘くない”!

「うぁ、なんか懐かしい…」
 公道で受け取るなり、久々に声が出てしまった。そう、実に11年ぶりにフルモデルチェンジした商用ワンボックスの雄、日産NV350キャラバンだ。縦置きエンジンをフロントシート下に積む、いわゆるキャブオーバー型のハコバンで、現状は最強ライバル、トヨタ・ハイエースの方が有名だが、キャラバンもほぼ同じく70年代に生まれて互いに切磋琢磨してきた。

ただし、先代モデルは衝突安全や乗用ミニバンっぽさを気にし過ぎてフロントノーズを長くして失敗。今回は、原点に立ち返り、ノーズを14センチも短縮。結果、室内長3m5cmというハイエース越えの巨大スペースを獲得。他にもプロの使用に耐えうるディテールを満載して、再び“ひとり親方”と呼ばれる、大工や配管工などプロの職人達が乗るクルマとして返り咲いてきたのだ。

が、不肖小沢が気になったのはそんなディテールじゃない。いわば基本骨格だ。

例えば新型キャラバンは、当たり前だがエンジンをシート下に置くためポジションが高い。そのため今回は手間を掛けてパーキングブレーキを足踏み式にし、ヒザの出し入れを容易にしたり、Aピラーのハンドル位置調整や、降りる時に手を付く位置にパッドを配置するなど、細かい工夫がなされている。

が、それでも今のステップワゴンやエルグランドなどと比べると全然違う。そもそもシートポジションの絶対位置が高いし、でも逆にそこがいいのだ。

今なにかと快適性優先で、クルマとしての基本性能であり“道具性”を平気で落とすが、キャラバンにはそれがない。その甘くない姿勢が小沢には妙に清々しく映るのだ。

試乗ステージ:首都圏 車種:NV350キャラバン

    全長×全幅×全高=4695mm×1695mm×1990mm
    ホイールベース=2555mm
    車両重量=1810kg
    駆動方式=FR
    エンジン=2.0リッター直列4気筒DOHCガソリン
    最高出力=96kW(130ps)/5600rpm
    最大トルク=178Nm(18.1kg-m)/4400rpm
    トランスミッション=5速AT
    JC08モード燃費=9.7km/L
    車両本体価格=262万800円

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • ybi*****|2017/07/13 17:47

    違反報告

    そもそも、自動車を「味を排除する方向」へ扇動してきたのは、他ならぬ自動車評論家先生方ではないですか、小沢さん。
  • bos*****|2017/07/13 16:10

    違反報告

    前モデルと比べて、座席の足元はかなり狭くなった。
    フロントオーバーハングが短くなって取り回しに気を使わずに小回りが利く。
    足踏みサイドブレーキは馴れれば気にならない。
    バンの内装のグレーは汚れが目立つ。ハイエースの黒の方が上質。
    エンジンマウントが柔くてエアコンのオン、オフで振動がグラっとくる。気持ち悪い。
    走行には支障はない。
    エアコンリレーがカチカチうるさい。耳障り。

    足回りはいい。前モデルよりもバネ容量がアップしていて、ストロークも適切。ダブルウィシュボーンのジオメトリーも適切。高速カーブはぐいぐい曲がる。

    雨の日はグリルのメッシュ部分とワイパー下のカバーの隙間に水が溜まって、余計な水しぶきがガラスに飛んでくるのが意味不明。

    車としての「味」は前モデルの方が遥かに上。
  • ecr*****|2017/06/16 21:35

    違反報告

    デザインがもう少しどうにかなれば………
    キャブオーバー、ワンボックスという制約の中でハイエースとは違うデザインにしなければと苦心した結果、どうにも醜いデザインになってしまったという印象が。
    特にフロントマスクは酷い。
    ハードウェアの完成度は販売台数の差ほどハイエースに負けてはいないと思うのですが。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します