現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > パサート待望の4WD、オールトラック速攻試乗

ここから本文です
試乗記 2012.6.21 レポート:岡崎 五朗 / 写真:篠原 晃一

パサート待望の4WD、オールトラック速攻試乗

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パサート待望の4WD、オールトラック速攻試乗
  • パサート待望の4WD、オールトラック速攻試乗
  • パサート待望の4WD、オールトラック速攻試乗
  • パサート待望の4WD、オールトラック速攻試乗
  • パサート待望の4WD、オールトラック速攻試乗
  • パサート待望の4WD、オールトラック速攻試乗
  • パサート待望の4WD、オールトラック速攻試乗
  • パサート待望の4WD、オールトラック速攻試乗
  • パサート待望の4WD、オールトラック速攻試乗
  • パサート待望の4WD、オールトラック速攻試乗
  • パサート待望の4WD、オールトラック速攻試乗
  • パサート待望の4WD、オールトラック速攻試乗
  • パサート待望の4WD、オールトラック速攻試乗
  • パサート待望の4WD、オールトラック速攻試乗
  • パサート待望の4WD、オールトラック速攻試乗
  • パサート待望の4WD、オールトラック速攻試乗
  • パサート待望の4WD、オールトラック速攻試乗
  • パサート待望の4WD、オールトラック速攻試乗
  • パサート待望の4WD、オールトラック速攻試乗
  • パサート待望の4WD、オールトラック速攻試乗
  • パサート待望の4WD、オールトラック速攻試乗
  • パサート待望の4WD、オールトラック速攻試乗
  • パサート待望の4WD、オールトラック速攻試乗
  • パサート待望の4WD、オールトラック速攻試乗
  • パサート待望の4WD、オールトラック速攻試乗
  • パサート待望の4WD、オールトラック速攻試乗
  • パサート待望の4WD、オールトラック速攻試乗
  • パサート待望の4WD、オールトラック速攻試乗
  • パサート待望の4WD、オールトラック速攻試乗
  • パサート待望の4WD、オールトラック速攻試乗
  • パサート待望の4WD、オールトラック速攻試乗
  • パサート待望の4WD、オールトラック速攻試乗
  • パサート待望の4WD、オールトラック速攻試乗

先代V6を上回る満足感

ハードウェア面で最大の注目ポイントになるのが2リッターTSIエンジンと4WDシステムの搭載だ。1.4リッターTSIとFFの組み合わせでも不満のない走りを演じるパサートだが、ゴルフGTIと同じ2リッターTSI+6速DSGは、200kgの重量増を補って余りあるほどの動力性能をオールトラックに与えている。低回転域から発生する分厚くてフラットなトルクは1.7トン弱のボディを軽快に加速させていく。交通の流れに沿って走るだけならアクセルペダルを半分以上踏み込む必要はない。

そこから先にも美味しい部分がしっかりと残されている。積極的にアクセルを踏み込んでいったときの軽快なサウンドと力強い加速、トップエンドまできれいに回りきる回転フィールは4気筒エンジンとしては最高レベル。たとえば先代パサートのV6モデルから乗り換えてもガッカリさせられることはない。それどころか、より大きな満足感を得られるはずだ。

最低地上高を30mmアップに抑えていることもあり、フットワークに不満はない。極上の滑らかさをもつステアリングフィールや、狙ったラインをデッドに狙っていける正確性といったパサートの長所はまったく失われていない。

むしろ気になったのは路面の段差を通過した際のゴツゴツ感だ。ある程度の入力までは巧みにいなすが、ある一定以上の段差になるとガツンという角のたったショックが伝わってくる。段差がコーナーの途中にあるような状況では、リア側が一瞬接地を失ってラインが乱れるようなこともあった。

おそらく、増した重量や40扁平のタイヤといった個別要素に対しサスペンションやボディのキャパシティが相対的に不足気味なのが原因だろう。良路ではしなやかさの中にピッと芯の通った気持ちのいい乗り味を示すし、多少の荒れ具合でも上質な乗り味は失われないが、ときおり遭遇する大きな段差での振る舞いには課題を残している。

ノーマル系パサートにはない個性的なルックスと、豊富な装備を備えつつ、500万円を切る価格を実現したオールトラック。先代パサートのV6モデルからの乗り換えはもちろん、アウディA4、BMW・3シリーズ、メルセデス・ベンツCクラスといったドイツ製ステーションワゴン、あるいは売れ行き好調なボルボV60にとって、大きな脅威になりそうだ。

試乗ステージ:有明⇔新宿 車種:パサートオールトラック

    全長×全幅×全高=4785×1820mm×1560mm
    ホイールベース=2710mm
    車両重量=1670kg
    駆動方式=4WD
    エンジン=2.0リッター直列4気筒DOHC・ インタークーラー付ターボ
    最高出力=155kW(211ps)/5300-6200rpm
    最大トルク=280Nm(28.6kg-m)/1700-5200rpm
    トランスミッション=7速DSG(デュアルクラッチ)
    JC08モード燃費=11.6km/L
    車両本体価格=494万円
    発表・発売日=2012年6月21日

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します