現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > プリウスPHV、市販車 PHVは買いか否か?

ここから本文です
試乗記 2012.5.30 レポート:五味 康隆 / 写真:中野 英幸

プリウスPHV、市販車 PHVは買いか否か?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プリウスPHV、市販車 PHVは買いか否か?
  • プリウスPHV、市販車 PHVは買いか否か?
  • プリウスPHV、市販車 PHVは買いか否か?
  • プリウスPHV、市販車 PHVは買いか否か?
  • プリウスPHV、市販車 PHVは買いか否か?
  • プリウスPHV、市販車 PHVは買いか否か?
  • プリウスPHV、市販車 PHVは買いか否か?
  • プリウスPHV、市販車 PHVは買いか否か?
  • プリウスPHV、市販車 PHVは買いか否か?
  • プリウスPHV、市販車 PHVは買いか否か?
  • プリウスPHV、市販車 PHVは買いか否か?
  • プリウスPHV、市販車 PHVは買いか否か?
  • プリウスPHV、市販車 PHVは買いか否か?
  • プリウスPHV、市販車 PHVは買いか否か?
  • プリウスPHV、市販車 PHVは買いか否か?
  • プリウスPHV、市販車 PHVは買いか否か?
  • プリウスPHV、市販車 PHVは買いか否か?
  • プリウスPHV、市販車 PHVは買いか否か?
  • プリウスPHV、市販車 PHVは買いか否か?
  • プリウスPHV、市販車 PHVは買いか否か?
  • プリウスPHV、市販車 PHVは買いか否か?
  • プリウスPHV、市販車 PHVは買いか否か?
  • プリウスPHV、市販車 PHVは買いか否か?
  • プリウスPHV、市販車 PHVは買いか否か?
  • プリウスPHV、市販車 PHVは買いか否か?
  • プリウスPHV、市販車 PHVは買いか否か?
  • プリウスPHV、市販車 PHVは買いか否か?
  • プリウスPHV、市販車 PHVは買いか否か?
  • プリウスPHV、市販車 PHVは買いか否か?
  • プリウスPHV、市販車 PHVは買いか否か?
  • プリウスPHV、市販車 PHVは買いか否か?
  • プリウスPHV、市販車 PHVは買いか否か?
  • プリウスPHV、市販車 PHVは買いか否か?

回生エネルギーで再びEV走行ができる

 プリウスとプリウスPHVの違いは他にもある。例えばプリウスでのEVモードでは、うまく加速できても60km/hを過ぎた頃からエンジンが掛かる。しかしPHVでは100km/hまでエンジンが掛からない。中間加速も鋭く、もたつき感などない。もちろんそのような加速をした時は電費が悪いが、プリウスと同じモーターを使っているとは思えないほどの加速力の違いだ。

 この違いはバッテリー能力の差といっても過言ではない。プリウスPHVはニッケル水素ではなくリチウムイオン電池を使う。エネルギー密度が高いことに加えて電気の出し入れ能力が高いため、回生充電量も20%増しているし、バッテリーからモーターへの電力供給も増す。結果として100km/hまでのEV加速を可能とするし、加速も鋭い。バッテリーの進化は、環境性能と動力性能において今後のキーポントになるわけだ。

 ちなみにプリウスPHVのバッテリー容量は、ノーマルプリウスが搭載するニッケル水素のおよそ4倍に相当する4.4kWh。満充電までは100V充電で約180分、200Vで約90分。毎回充電プラグを差し込むのは手間かもしれないが、それさえ行えば驚異的な燃費性能を発揮してくれる。

 EV/HVモード任意切替えが可能になったことに加えて、隠れた大きな進化がもうひとつある。それは走行による回生エネルギー充電によっても、EVモードが再度使えるようになったことだ。例えば富士山5合目からの下り。以前は回生ブレーキによる充電がHVモードでのバッテリー使用量の仮想上限(EVモードで使用するバッテリー能力の5分の1にも満たない)になると回生エネルギーは充電されない状態になったが、今はEVモードでのバッテリー能力上限(SOCの上限値)まで充電される。結果として積極的なモーター走行を可能とするEVモードの復活も可能になったし、そもそも回生エネルギーを無駄無くクルマに蓄えられるようになった。

試乗ステージ:横浜周辺など 車種:プリウスPHV

    全長×全幅×全高=4480mm×1745mm×1490mm
    ホイールベース=2700mm 駆動方式=FF
    エンジン=1.8リッター直4DOHCアトキンソンサイクル
    最高出力=73kW(99ps)/5200rpm
    最大トルク=142Nm(14.5kg-m)/4000rpm
    モーター出力=60kW(82ps)
    モータートルク=207Nm(21.1kg-m)
    トランスミッション=電気CVT
    バッテリー=4.4kWh(リチウムイオン)
    JC08モード燃費=31.6km/L PHV燃費=61.0km/L
    車両本体価格=340万円
    発表日=2011年11月29日
    発売日=2012年1月30日

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します