現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 燃費&実用性アップ! 新型ビートル海外試乗

ここから本文です
試乗記 2012.4.12 レポート:佐藤 久実 / 写真:フォルクスワーゲン グループ ジャパン

燃費&実用性アップ! 新型ビートル海外試乗

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
燃費&実用性アップ! 新型ビートル海外試乗
  • 燃費&実用性アップ! 新型ビートル海外試乗
  • 燃費&実用性アップ! 新型ビートル海外試乗
  • 燃費&実用性アップ! 新型ビートル海外試乗
  • 燃費&実用性アップ! 新型ビートル海外試乗
  • 燃費&実用性アップ! 新型ビートル海外試乗
  • 燃費&実用性アップ! 新型ビートル海外試乗
  • 燃費&実用性アップ! 新型ビートル海外試乗
  • 燃費&実用性アップ! 新型ビートル海外試乗
  • 燃費&実用性アップ! 新型ビートル海外試乗
  • 燃費&実用性アップ! 新型ビートル海外試乗
  • 燃費&実用性アップ! 新型ビートル海外試乗
  • 燃費&実用性アップ! 新型ビートル海外試乗
  • 燃費&実用性アップ! 新型ビートル海外試乗
  • 燃費&実用性アップ! 新型ビートル海外試乗
  • 燃費&実用性アップ! 新型ビートル海外試乗
  • 燃費&実用性アップ! 新型ビートル海外試乗
  • 燃費&実用性アップ! 新型ビートル海外試乗
  • 燃費&実用性アップ! 新型ビートル海外試乗
  • 燃費&実用性アップ! 新型ビートル海外試乗
  • 燃費&実用性アップ! 新型ビートル海外試乗
  • 燃費&実用性アップ! 新型ビートル海外試乗
  • 燃費&実用性アップ! 新型ビートル海外試乗
  • 燃費&実用性アップ! 新型ビートル海外試乗
  • 燃費&実用性アップ! 新型ビートル海外試乗

ダウンサイジングエンジンも登場

初代ビートルは累計2,150万台が生産され、自動車史上に残る偉大な名車の1台といえる。日本では「かぶと虫」、ドイツでは「ケーファー(黄金虫)」と呼ばれるなど、世界各国で愛称をもって親しまれてきた。本国ドイツはもちろんのこと、アメリカではVW=ビートルというくらいの存在感であり、南米においては現地生産されたクルマとして、高いシェアを誇った。

これほどまでに思い入れの強いクルマだと後継モデルが難しいものだが、1998年に復活した「ニュービートル」もまた100万台以上販売されて成功を収め、VWの中でもゴルフと並ぶ重要なモデルとして位置づけられている。

そして、21世紀のビートルとして登場したのが「ザ ビートル」。実はこのクルマ、昨年すでにドイツ・ベルリンで国際試乗会が開催されているが、日本導入前に、早くもダウンサイジングエンジン(TSI&TDI)搭載モデルが発表となった。試乗会場のポルトガル・カスカイスは絶好のドライブ日和に恵まれ、ビートルのスタイルが映える景色のなか快適な海沿いのドライブを堪能することができた。

試乗ステージ:ポルトガル・カスカイス 車種:ビートル

    全長×全幅×全高=4270mm×1815mm×1495mm
    ホイールベース=2535mm
    車両重量=1280kg
    駆動方式=FF
    エンジン=1.2リッター直列4気筒SOHC
    インタークーラー付ターボ
    最高出力=77kW(105ps)/5000rpm
    最大トルク=175Nm(17.8kg-m)/1500~4100rpm
    トランスミッション=7速DSG(デュアルクラッチ)
    JC08モード燃費=17.6km/L
    価格=250万円
    ※2012年6月より日本導入予定

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します