現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > コンチネンタルGT V8 W12と走りはどう違う?

ここから本文です
試乗記 2012.2.15 レポート:吉田 匠 / 写真:菊池 貴之

コンチネンタルGT V8 W12と走りはどう違う?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コンチネンタルGT V8 W12と走りはどう違う?
  • コンチネンタルGT V8 W12と走りはどう違う?
  • コンチネンタルGT V8 W12と走りはどう違う?
  • コンチネンタルGT V8 W12と走りはどう違う?
  • コンチネンタルGT V8 W12と走りはどう違う?
  • コンチネンタルGT V8 W12と走りはどう違う?
  • コンチネンタルGT V8 W12と走りはどう違う?
  • コンチネンタルGT V8 W12と走りはどう違う?
  • コンチネンタルGT V8 W12と走りはどう違う?
  • コンチネンタルGT V8 W12と走りはどう違う?
  • コンチネンタルGT V8 W12と走りはどう違う?
  • コンチネンタルGT V8 W12と走りはどう違う?
  • コンチネンタルGT V8 W12と走りはどう違う?
  • コンチネンタルGT V8 W12と走りはどう違う?
  • コンチネンタルGT V8 W12と走りはどう違う?
  • コンチネンタルGT V8 W12と走りはどう違う?
  • コンチネンタルGT V8 W12と走りはどう違う?
  • コンチネンタルGT V8 W12と走りはどう違う?
  • コンチネンタルGT V8 W12と走りはどう違う?
  • コンチネンタルGT V8 W12と走りはどう違う?
  • コンチネンタルGT V8 W12と走りはどう違う?
  • コンチネンタルGT V8 W12と走りはどう違う?
  • コンチネンタルGT V8 W12と走りはどう違う?

ベントレーの燃費向上策

世に君臨する高級車ブランドのひとつの頂きにあるベントレー。W.O.ことウォルター・オーエン・ベントレーなるエンジニアが1919年にロンドンに設立したスポーツトゥアラーを得意とするメーカーで、1920~30年代にルマン24時間で5勝したことによって一躍その名を高めたが、長い歴史を持つ有名自動車ブランドの例に漏れず、様々な紆余曲折を経た後、現在はフォルクスワーゲンの傘下にあるのは事情通ならご存知のとおりだ。

そのベントレーの今日のプロダクツには、大きく分けて2つの流れがある。そのひとつは、長い間ロールスロイスの傘下にあった歴史を内包する純イギリス仕立てのモデルレンジで、去年から日本市場にも導入されているミュルザンヌがその最新の一台だ。もうひとつは、親会社の製品をベースに仕立てられたモデルレンジで、2ドアのコンチネンタルGT、そのオープンバージョンであるGTC、それに4ドアのフライングスパーがそれに当たる。

それら2つのモデル系列は、搭載しているエンジンもまったく異なる。純イギリス系のミュルザンヌは、ロールスロイス傘下時代からの伝統を受け継ぐ古典的なOHVヘッドの6.8リッターV8ツインターボで後輪を駆動する。一方のコンチネンタル系は、VW/アウディ系の6.0リッター4カムW12ツインターボによって4輪を駆動する。ただし今や、クルマのCO2排出量の削減、すなわち燃費の向上が避けてとおれない命題となっているこの時代、大型の高級車といえどもエンジンのダウンサイジングが求められる状況にある。

そこでベントレーが採った方策のひとつが、コンチネンタル系にV8エンジン搭載モデルを追加することだった。そのなかの代表的なモデル、コンチネンタルGT V8が本国から急きょ日本に飛来、クローズドコースで試乗ができたので、その模様を報告しよう。

試乗ステージ:大磯周辺 車種:コンチネンタルGT

    全長×全幅×全高=4806×1943×1404mm
    ホイールベース=2746mm
    車両重量=2295kg
    駆動方式=AWD
    エンジン=4リッターV8直噴ターボ
    最高出力=337kW(507ps)/6000rpm
    最大トルク=660Nm(67.3kg-m)/1700rpm
    トランスミッション=8速AT
    発表=デトロイトショー2012

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します