現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 新型スイフトスポーツ 乗るならMTかCVTか?

ここから本文です
試乗記 2012.1.20 レポート:五味 康隆 / 写真:中野 英幸

新型スイフトスポーツ 乗るならMTかCVTか?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新型スイフトスポーツ 乗るならMTかCVTか?
  • 新型スイフトスポーツ 乗るならMTかCVTか?
  • 新型スイフトスポーツ 乗るならMTかCVTか?
  • 新型スイフトスポーツ 乗るならMTかCVTか?
  • 新型スイフトスポーツ 乗るならMTかCVTか?
  • 新型スイフトスポーツ 乗るならMTかCVTか?
  • 新型スイフトスポーツ 乗るならMTかCVTか?
  • 新型スイフトスポーツ 乗るならMTかCVTか?
  • 新型スイフトスポーツ 乗るならMTかCVTか?
  • 新型スイフトスポーツ 乗るならMTかCVTか?
  • 新型スイフトスポーツ 乗るならMTかCVTか?
  • 新型スイフトスポーツ 乗るならMTかCVTか?
  • 新型スイフトスポーツ 乗るならMTかCVTか?
  • 新型スイフトスポーツ 乗るならMTかCVTか?
  • 新型スイフトスポーツ 乗るならMTかCVTか?
  • 新型スイフトスポーツ 乗るならMTかCVTか?
  • 新型スイフトスポーツ 乗るならMTかCVTか?
  • 新型スイフトスポーツ 乗るならMTかCVTか?
  • 新型スイフトスポーツ 乗るならMTかCVTか?
  • 新型スイフトスポーツ 乗るならMTかCVTか?
  • 新型スイフトスポーツ 乗るならMTかCVTか?
  • 新型スイフトスポーツ 乗るならMTかCVTか?
  • 新型スイフトスポーツ 乗るならMTかCVTか?
  • 新型スイフトスポーツ 乗るならMTかCVTか?
  • 新型スイフトスポーツ 乗るならMTかCVTか?
  • 新型スイフトスポーツ 乗るならMTかCVTか?
  • 新型スイフトスポーツ 乗るならMTかCVTか?
  • 新型スイフトスポーツ 乗るならMTかCVTか?
  • 新型スイフトスポーツ 乗るならMTかCVTか?
  • 新型スイフトスポーツ 乗るならMTかCVTか?
  • 新型スイフトスポーツ 乗るならMTかCVTか?
  • 新型スイフトスポーツ 乗るならMTかCVTか?
  • 新型スイフトスポーツ 乗るならMTかCVTか?
  • 新型スイフトスポーツ 乗るならMTかCVTか?
  • 新型スイフトスポーツ 乗るならMTかCVTか?
  • 新型スイフトスポーツ 乗るならMTかCVTか?

今度のスイスポはまったく違う

スズキの新型スイフトスポーツ、通称「スイスポ」に乗ると、日本のコンパクトカーがこういう“質”を備える時代がきたのだなと感動する。

2010年9月に登場した現行型=3代目スイフトは完成度が高かったから、新型スイスポの登場を期待と共に待っていたユーザーは多いはずだ。そんな人には「待った甲斐がありましたね!」と言っておこう。

逆にノーマルモデルでも先代スイスポ並みの性能があるからと、いつ登場するかわからない新型スイスポを待ちきれなかったノーマルモデルのオーナーは…このインプレを読むのも、試乗するのも止めておいたほうが良いかもしれない。今回のスイスポは今まで以上にノーマルとの差が大きいのだ。

今までのスイスポがエンジン排気量アップに合わせて運動性能を高めてスポーツ性を向上させたモデルとすれば、今回は走りを含めてクルマ全体の “質”が非常に高まっている。別の言い方をすれば、見た目こそスイフトだが「スイフトスポーツ」という独立したモデルとして仕上げられたかのようだ。

新型スイスポの見た目は意外や大人しく、上質感さえ漂う。フォグランプ周りを含めたフロントバンパーや、リアバンパーのデザインはボディ全体の前傾したフォルムと調和して後付け感がない。ルーフから伸びるリアスポイラーこそ多少の後付け感があるものの、大人が乗って似合う落ち着き感も備えている。

インテリアではステンレス製のフットペダルや本革ステアリング、240km/hスケールのスピードメーターなどに加えて、クルーズコントロールやプッシュスタートボタンなどの快適装備も充実している。新型スイスポは上質さを備えた大人のホットハッチとしての魅力を持たせ、間口を広げる意図があるかもしれない。

そしてノーマルと大きく異なるのが専用のスポーツシートだ。シートクッションが若干硬めだが、沈み込むように座りつつお尻のサポート性が重点的に高められ、上半身の自由を奪い過ぎていないのが良い。スポーティドライブ時の正確な操作、長距離ドライブでの疲労度低減、さらにはダラッと乗ることも出来るのが魅力だ。

車種:スイフトスポーツ

    全長×全幅×全高=3890mm×1695mm×1510mm
    ホイールベース=2430mm
    車両重量=1070kg
    駆動方式=FF
    エンジン=1.6リッター直列4気筒DOHC
    最高出力=100kW(136ps)/6900rpm
    最大トルク=160Nm(16.3kg-m)/4400rpm
    トランスミッション=CVT
    10・15モード燃費=15.6km/L
    JC08モード燃費=16.0km/L
    車両本体価格=174万8250円
    発表日:2011年11月28日

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します