現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > ミライースの対抗馬、 アルトエコは30.2km/L

ここから本文です
試乗記 2012.1.18 レポート:岡崎 五朗 / 写真:篠原 晃一

ミライースの対抗馬、 アルトエコは30.2km/L

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ミライースの対抗馬、 アルトエコは30.2km/L
  • ミライースの対抗馬、 アルトエコは30.2km/L
  • ミライースの対抗馬、 アルトエコは30.2km/L
  • ミライースの対抗馬、 アルトエコは30.2km/L
  • ミライースの対抗馬、 アルトエコは30.2km/L
  • ミライースの対抗馬、 アルトエコは30.2km/L
  • ミライースの対抗馬、 アルトエコは30.2km/L
  • ミライースの対抗馬、 アルトエコは30.2km/L
  • ミライースの対抗馬、 アルトエコは30.2km/L
  • ミライースの対抗馬、 アルトエコは30.2km/L
  • ミライースの対抗馬、 アルトエコは30.2km/L
  • ミライースの対抗馬、 アルトエコは30.2km/L
  • ミライースの対抗馬、 アルトエコは30.2km/L
  • ミライースの対抗馬、 アルトエコは30.2km/L
  • ミライースの対抗馬、 アルトエコは30.2km/L
  • ミライースの対抗馬、 アルトエコは30.2km/L
  • ミライースの対抗馬、 アルトエコは30.2km/L
  • ミライースの対抗馬、 アルトエコは30.2km/L
  • ミライースの対抗馬、 アルトエコは30.2km/L
  • ミライースの対抗馬、 アルトエコは30.2km/L
  • ミライースの対抗馬、 アルトエコは30.2km/L
  • ミライースの対抗馬、 アルトエコは30.2km/L
  • ミライースの対抗馬、 アルトエコは30.2km/L
  • ミライースの対抗馬、 アルトエコは30.2km/L
  • ミライースの対抗馬、 アルトエコは30.2km/L
  • ミライースの対抗馬、 アルトエコは30.2km/L
  • ミライースの対抗馬、 アルトエコは30.2km/L
  • ミライースの対抗馬、 アルトエコは30.2km/L
  • ミライースの対抗馬、 アルトエコは30.2km/L

アルトから30%以上の燃費低減

 従来、アルトシリーズの燃費トップはCVTを搭載するFFモデルの22.6㎞/Lだった。それに対しアルト・エコは一気に30%以上の燃費低減をしてきた。もともとそんなに悪くなかった燃費をさらに大きく引き上げるのにもっとも大きな貢献を果たしたのがエンジンの換装だ。アルトがK6A型と呼ばれる1世代前のエンジンを搭載しているのに対し、アルト・エコはMRワゴンと同じ最新式のR06A型を搭載している。これによりまずは燃費ポテンシャルを大幅に引き上げたわけだ。

 「エンジンの換装」。言葉で書けばたったの7文字だが、実際にやるのは大変な作業で、エンジンルームまわりのボディ構造はR06A型にフィットする専用設計。加えてR06A型自体もアルト・エコ専用スペックになっている。具体的には、クランクメタル幅の縮小(10%)やバルブスプリングの低荷重化(25%)、タイミングチェーンアジャスターのスプリング荷重低下(30%)、ピストンリングの表面処理変更など。目的は徹底的な低フリクション化だ。もちろん、CVTも電動オイルポンプの採用やオイルの低粘度化といった専用仕様とした。

 アイドリングストップは、停止直前の9㎞/h(ミライースは7㎞/h)でエンジンを停止する。このタイプは、停車してからエンジンを止める通常タイプと比べるとごく僅かに燃費に貢献するのだが、その「ごく僅か」にこだわって、スターターモーターも専用タイプとなっている。

 ボディまわりでは、フロントバンパーの形状を変更や車高の15㎜ダウンによって空気抵抗を低減。空気抵抗に関しては、フロントグリルのエアインテーク部にあるフィン形状までアルト・エコ専用というこだわりを見せる。JC08モードでは最高速が81.6㎞/hと、10・15モードの70㎞/hに対して引き上げられているため、フロントバンパーの形状変更だけでも「リッターあたりプラス数十メートルの効果がある」という。

 その他、前後ホイールベアリングの回転抵抗低減や、ブレーキパッドの引きずり抵抗低減、シートやトランクボード、フロントバンパーの軽量化といった細かい要素をひとつひとつ積み上げた結果が30.2㎞/hという燃費だが、気になるのはガソリンタンク容量の削減(30L→20L)と、タイヤの指定空気圧の変更(240kPa→280kPa)だ。他の部分と違い、この2点はユーザビリティを損なう危険性を秘めた要素だけに、実際に乗ってみてしっかりと検証することが必要だろう。

試乗ステージ:幕張周辺 車種:アルトエコ

    全長×全幅×全高=3395mm×1475mm×1520mm
    ホイールベース=2400mm
    駆動方式=FF
    エンジン=660cc直列3気筒DOHC
    最高出力=38kW(52ps)/6000rpm
    最大トルク=63Nm(6.4kg-m)/4000rpm
    トランスミッション=CVT
    JC08モード燃費=30.2km/L
    車両本体価格=99万5000円
    発売日:2011年12月13日

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します