現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 新型コンチネンタルGTC、ベントレーブランド論も

ここから本文です
試乗記 2011.10.21 レポート:清水 和夫 / 写真:ベントレー モーターズ ジャパン

新型コンチネンタルGTC、ベントレーブランド論も

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新型コンチネンタルGTC、ベントレーブランド論も
  • 新型コンチネンタルGTC、ベントレーブランド論も
  • 新型コンチネンタルGTC、ベントレーブランド論も
  • 新型コンチネンタルGTC、ベントレーブランド論も
  • 新型コンチネンタルGTC、ベントレーブランド論も
  • 新型コンチネンタルGTC、ベントレーブランド論も
  • 新型コンチネンタルGTC、ベントレーブランド論も
  • 新型コンチネンタルGTC、ベントレーブランド論も
  • 新型コンチネンタルGTC、ベントレーブランド論も
  • 新型コンチネンタルGTC、ベントレーブランド論も
  • 新型コンチネンタルGTC、ベントレーブランド論も
  • 新型コンチネンタルGTC、ベントレーブランド論も
  • 新型コンチネンタルGTC、ベントレーブランド論も
  • 新型コンチネンタルGTC、ベントレーブランド論も
  • 新型コンチネンタルGTC、ベントレーブランド論も
  • 新型コンチネンタルGTC、ベントレーブランド論も
  • 新型コンチネンタルGTC、ベントレーブランド論も
  • 新型コンチネンタルGTC、ベントレーブランド論も
  • 新型コンチネンタルGTC、ベントレーブランド論も
  • 新型コンチネンタルGTC、ベントレーブランド論も
  • 新型コンチネンタルGTC、ベントレーブランド論も
  • 新型コンチネンタルGTC、ベントレーブランド論も
  • 新型コンチネンタルGTC、ベントレーブランド論も
  • 新型コンチネンタルGTC、ベントレーブランド論も
  • 新型コンチネンタルGTC、ベントレーブランド論も
  • 新型コンチネンタルGTC、ベントレーブランド論も
  • 新型コンチネンタルGTC、ベントレーブランド論も
  • 新型コンチネンタルGTC、ベントレーブランド論も
  • 新型コンチネンタルGTC、ベントレーブランド論も
  • 新型コンチネンタルGTC、ベントレーブランド論も
  • 新型コンチネンタルGTC、ベントレーブランド論も
  • 新型コンチネンタルGTC、ベントレーブランド論も
  • 新型コンチネンタルGTC、ベントレーブランド論も
  • 新型コンチネンタルGTC、ベントレーブランド論も
  • 新型コンチネンタルGTC、ベントレーブランド論も
  • 新型コンチネンタルGTC、ベントレーブランド論も
  • 新型コンチネンタルGTC、ベントレーブランド論も
  • 新型コンチネンタルGTC、ベントレーブランド論も
  • 新型コンチネンタルGTC、ベントレーブランド論も
  • 新型コンチネンタルGTC、ベントレーブランド論も
  • 新型コンチネンタルGTC、ベントレーブランド論も
  • 新型コンチネンタルGTC、ベントレーブランド論も
  • 新型コンチネンタルGTC、ベントレーブランド論も
  • 新型コンチネンタルGTC、ベントレーブランド論も
  • 新型コンチネンタルGTC、ベントレーブランド論も
  • 新型コンチネンタルGTC、ベントレーブランド論も
  • 新型コンチネンタルGTC、ベントレーブランド論も
  • 新型コンチネンタルGTC、ベントレーブランド論も
  • 新型コンチネンタルGTC、ベントレーブランド論も

ベントレーとはいかなるブランドか?

自動車の本場、欧州が誇る高級車にして、世界中のセレブが求める最高のクルマとは何かと聞かれたら、迷わず英国のベントレーを選びたい。もちろんロールス・ロイスも最高の高級車であるが、その佇まいからベントレーのほうがドライバーズカーには適している。ベントレーとロールスは世界の高級車の双璧と言っていいだろう。ワインならペトリュスかロマネコンティ、時計ならヴァシュロンかパテック。つまり、どんなにお金を払ってもこれ以上のモノがないという究極の一台がベントレーなのだ。

ベントレーは英国の伝統的なスポーツカーメーカーだったが、1931年に経営難からロールス・ロイス社に買収された。それ以来ロールスとベントレーは差別化されつつも、ともに長い時間を同じ経営者の下で過ごしてきた。

しかし、90年代になると英国資本では経営を続けることが難しくなり、ドイツのVWとBMWによってロールス・ロイス社の買収劇が行われた。BMWはロールス・ロイスの商標を手に入れ、ポルシェの直系の孫にあたるフェルディナンド・ピエヒ(VW会長)はロールス・ロイスの工場とベントレーを手に入れた。

英国のクルーにあるベントレーの工場で働く人達は、BMWの元で新しく始まったロールス・ロイスの工場に行くか、クルーに残ってベントレーを作り続けるのかの選択を迫られたが、多くの従業員はクルーに残り新しい経営者であるVWグループの元でベントレーを作ることになった。

双璧を成す英国の最高級車ブランドが、BMWとVWというドイツの新しい経営者のもとで再生したというのは、歴史のイタズラにしては興味深い。余談になるが、ロールス・ロイスはロールス(チャールズ・ロールス)とロイス(フレデリック・ロイス)という2人の創業者の名前から由来し、BMWに経営が移った1998年にはロールス・ロイス・モーターカーズに社名を変更した。一方、ロールス・ロイスの航空機エンジン部門はいまだに国有企業として残存し、今もジェットエンジンを製造しているのだ。

試乗ステージ:クロアチア 車種:コンチネンタルGTC

    全長×全幅×全高=4806mm×1943mm×1403mm
    ホイールベース=2746mm
    車両重量=2495kg
    駆動方式=AWD
    エンジン=6.0リッターW12気筒DOHC
    最高出力=423kW(575ps)/6000rpm
    最大トルク=700Nm(71.4kg-m)/1700rpm
    トランスミッション=6速トルコンAT
    欧州複合モード燃費=16.5L/100km
    発表=フランクフルトモーターショー2011
    価格=2640万円

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します