現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 1シリーズ国際試乗会 新型が実現した事は…

ここから本文です
試乗記 2011.9.8 レポート:五味 康隆 / 写真:BMWジャパン

1シリーズ国際試乗会 新型が実現した事は…

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1シリーズ国際試乗会 新型が実現した事は…
  • 1シリーズ国際試乗会 新型が実現した事は…
  • 1シリーズ国際試乗会 新型が実現した事は…
  • 1シリーズ国際試乗会 新型が実現した事は…
  • 1シリーズ国際試乗会 新型が実現した事は…
  • 1シリーズ国際試乗会 新型が実現した事は…
  • 1シリーズ国際試乗会 新型が実現した事は…
  • 1シリーズ国際試乗会 新型が実現した事は…
  • 1シリーズ国際試乗会 新型が実現した事は…
  • 1シリーズ国際試乗会 新型が実現した事は…
  • 1シリーズ国際試乗会 新型が実現した事は…
  • 1シリーズ国際試乗会 新型が実現した事は…
  • 1シリーズ国際試乗会 新型が実現した事は…
  • 1シリーズ国際試乗会 新型が実現した事は…
  • 1シリーズ国際試乗会 新型が実現した事は…
  • 1シリーズ国際試乗会 新型が実現した事は…
  • 1シリーズ国際試乗会 新型が実現した事は…
  • 1シリーズ国際試乗会 新型が実現した事は…
  • 1シリーズ国際試乗会 新型が実現した事は…
  • 1シリーズ国際試乗会 新型が実現した事は…
  • 1シリーズ国際試乗会 新型が実現した事は…
  • 1シリーズ国際試乗会 新型が実現した事は…

先代1シリーズの成功で得た自信

考え過ぎかもしれないが、2004年にBMWが1シリーズを市場導入した時点で、恐らく今回の新型モデルのビジョンがイメージできていたのではないか? 年内に国内導入予定の新型1シリーズに一足先にベルリンで試乗した帰りの飛行機で、そのことをずっと考えていた。

そもそも今の時代は、ライフスタイルの多様化に伴ってユーザーニーズがより細かくなり、それに応えるためのラインアップ拡大がメーカーの生き残り戦略のひとつになっている。1シリーズは環境意識が加速度的に高まり、コンパクトカーへの注目がより強まったユーザーニーズが作り出したといっても過言ではない。しかも5ドアハッチバックモデルだけでなく、2ドアクーペモデルやカブリオレ、さらにドイツ本国では3ドアハッチバックモデルも用意され、1シリーズのボディラインナップは短期間に充実した。

高級指向のプレミアムブランドの長期ビジョンという面から見ても、定期的なブランドイメージの若返りも必須だろう。ユーザーの高齢化は販売の先細りを招き、ブランド力はあってもメーカー体力は弱まってしまう。だからこそ1シリーズには、将来の3、5、7シリーズオーナーになりうるBMWファンを新規開拓する狙いもあった。

とは言っても、そのメーカーの狙い通りに売れるかどうかは未知数。だからこそ、本当は商品力として実現したくても、開発コスト面などのリスク回避でできないものもあったのだろう。先代1シリーズの成功で自信を得たおかげで、その“できなかったこと”が今回の新型1シリーズに盛り込まれている。

試乗中、なぜ“こんなにも”商品力が向上したのか、その進化の幅に驚きつつ、考え辿り着いた背景がコレというわけだ。

試乗ステージ:ドイツ ベルリン 車種:1シリーズ

    全長×全幅×全高=4324mm×1765mm×1421mm
    ホイールベース=2690mm
    駆動方式=FR
    エンジン=1.6リッター直列4気筒DOHC直噴ターボ
    最高出力=125kW(170ps)/4800rpm
    最大トルク=250Nm/1500-4500rpm
    トランスミッション=6速MT
    発表=2011年6月
    ※スペックは全て欧州仕様車値

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します