現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > ルノー・ウインド試乗! 中身もスゴイ実力派

ここから本文です
試乗記 2011.8.12 レポート:岡崎 五朗 / 写真:小林 俊樹

ルノー・ウインド試乗! 中身もスゴイ実力派

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ルノー・ウインド試乗! 中身もスゴイ実力派
  • ルノー・ウインド試乗! 中身もスゴイ実力派
  • ルノー・ウインド試乗! 中身もスゴイ実力派
  • ルノー・ウインド試乗! 中身もスゴイ実力派
  • ルノー・ウインド試乗! 中身もスゴイ実力派
  • ルノー・ウインド試乗! 中身もスゴイ実力派
  • ルノー・ウインド試乗! 中身もスゴイ実力派
  • ルノー・ウインド試乗! 中身もスゴイ実力派
  • ルノー・ウインド試乗! 中身もスゴイ実力派
  • ルノー・ウインド試乗! 中身もスゴイ実力派
  • ルノー・ウインド試乗! 中身もスゴイ実力派
  • ルノー・ウインド試乗! 中身もスゴイ実力派
  • ルノー・ウインド試乗! 中身もスゴイ実力派
  • ルノー・ウインド試乗! 中身もスゴイ実力派
  • ルノー・ウインド試乗! 中身もスゴイ実力派
  • ルノー・ウインド試乗! 中身もスゴイ実力派
  • ルノー・ウインド試乗! 中身もスゴイ実力派
  • ルノー・ウインド試乗! 中身もスゴイ実力派
  • ルノー・ウインド試乗! 中身もスゴイ実力派
  • ルノー・ウインド試乗! 中身もスゴイ実力派
  • ルノー・ウインド試乗! 中身もスゴイ実力派
  • ルノー・ウインド試乗! 中身もスゴイ実力派
  • ルノー・ウインド試乗! 中身もスゴイ実力派
  • ルノー・ウインド試乗! 中身もスゴイ実力派
  • ルノー・ウインド試乗! 中身もスゴイ実力派
  • ルノー・ウインド試乗! 中身もスゴイ実力派
  • ルノー・ウインド試乗! 中身もスゴイ実力派
  • ルノー・ウインド試乗! 中身もスゴイ実力派
  • ルノー・ウインド試乗! 中身もスゴイ実力派
  • ルノー・ウインド試乗! 中身もスゴイ実力派
  • ルノー・ウインド試乗! 中身もスゴイ実力派
  • ルノー・ウインド試乗! 中身もスゴイ実力派
  • ルノー・ウインド試乗! 中身もスゴイ実力派
  • ルノー・ウインド試乗! 中身もスゴイ実力派

雰囲気だけのニッチカーではない

ルノーから、素敵なネーミングをもつオープンカーが登場した。「ウインド」と名付けられたこの2シーターオープン(ルノーはクーペロードスターと呼んでいる)は、楽しさと快適性、個性と実用性を驚くほど高いレベルで融合したモデルだ。眺めているだけで頬が緩んでくるキャラクターから、雰囲気を楽しむために乗るニッチカーだと思う人も多いだろう。乗るまでは僕もそう捉えていた。けれど、なかなかどうして、中身は一級品のドライバーズカーであり、走り出してからも頬は緩みっぱなしだった。

ベースとなったのはルノーのコンパクトカーであるトゥインゴ。しかしウインドは、トゥインゴの屋根を切り取って、はい出来上がり、というチョチョイのチョイでつくったクルマではない。僕の見る限り、内外装の目に付く部分にトゥインゴからの流用品はなく、頭のてっぺんからつま先まで、ウインドのために一からデザインされたパーツで構成されている。

最大の特徴は、ソフトトップの長所を採り入れることに成功した電動回転格納式ルーフだ。キャビン内のフックを手動で解除してスイッチを押すと、あっと驚く素早さでルーフが持ち上がり、そのまま180度反転する形でリアフード内の専用スペースに格納される。開閉にかかる時間はわずか12秒。これは平均的な電動格納式ハードトップの約半分であり、ソフトトップに匹敵する。開閉時間が長いと、面倒になってなかなかオープンにしなくなるものだが、ウインドならちょっとした信号待ちでも気軽にルーフを開ける気になるし、雨が降ってきたら素早くクローズドにすることも可能。ウインドのオーナーになったら、近距離ドライブでも積極的にオープンで走りたくなるに違いない。

 

オープン時の快適性は高い。ルーフを開けた状態でもシート背後には天地の低いリアウィンドが残り、それが後方からの不快な風の巻き込みをほぼ完全にシャットアウトしてくれるからだ。筋金入りのオープンカー好きに言わせれば「開放感が物足りない」となるだろうが、このぐらいがちょうどいいと感じる人も多いはず。実際に走れせてみれば、サンルーフとは比べものにならない開放感を体感できること請け合いだ。

また写真ではわかりにくいかもしれないが、シート後方にはちょっとした荷物用スペースがあり、ブリーフケース程度ならわざわざトランクに積み込まなくてもOK。トランク容量も270Lと十分な容量を確保している。しかもルーフはラゲッジスペースの上に収まるためオープンにしても容量が減ることはない。カップルで小旅行に行ったものの、荷物のせいでオープンにできないという、この種のクルマにありがちな残念さを感じないで済むのは嬉しい部分だ。

試乗ステージ:芦ノ湖スカイライン 車種:ウインド

    全長×全幅×全高=3835mm×1690mm×1380mm
    ホイールベース=2365mm
    車両重量=1190kg
    駆動方式=FF
    エンジン=1.6リッター直列4気筒DOHC
    最高出力=98kW(134ps)/6750rpm
    最大トルク=160Nm(16.3kg-m)/4400rpm
    トランスミッション=5速MT
    10・15モード燃費=13.4km/L
    車両本体価格=255万円
    発売日=2011年7月6日

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します