現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 新型パサート/パサートヴァリアント速攻試乗

ここから本文です
試乗記 2011.5.19 レポート:岡崎 五朗 / 写真:小林 俊樹

新型パサート/パサートヴァリアント速攻試乗

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新型パサート/パサートヴァリアント速攻試乗
  • 新型パサート/パサートヴァリアント速攻試乗
  • 新型パサート/パサートヴァリアント速攻試乗
  • 新型パサート/パサートヴァリアント速攻試乗
  • 新型パサート/パサートヴァリアント速攻試乗
  • 新型パサート/パサートヴァリアント速攻試乗
  • 新型パサート/パサートヴァリアント速攻試乗
  • 新型パサート/パサートヴァリアント速攻試乗
  • 新型パサート/パサートヴァリアント速攻試乗
  • 新型パサート/パサートヴァリアント速攻試乗
  • 新型パサート/パサートヴァリアント速攻試乗
  • 新型パサート/パサートヴァリアント速攻試乗
  • 新型パサート/パサートヴァリアント速攻試乗
  • 新型パサート/パサートヴァリアント速攻試乗
  • 新型パサート/パサートヴァリアント速攻試乗
  • 新型パサート/パサートヴァリアント速攻試乗
  • 新型パサート/パサートヴァリアント速攻試乗
  • 新型パサート/パサートヴァリアント速攻試乗
  • 新型パサート/パサートヴァリアント速攻試乗
  • 新型パサート/パサートヴァリアント速攻試乗
  • 新型パサート/パサートヴァリアント速攻試乗
  • 新型パサート/パサートヴァリアント速攻試乗
  • 新型パサート/パサートヴァリアント速攻試乗
  • 新型パサート/パサートヴァリアント速攻試乗
  • 新型パサート/パサートヴァリアント速攻試乗
  • 新型パサート/パサートヴァリアント速攻試乗
  • 新型パサート/パサートヴァリアント速攻試乗
  • 新型パサート/パサートヴァリアント速攻試乗
  • 新型パサート/パサートヴァリアント速攻試乗
  • 新型パサート/パサートヴァリアント速攻試乗
  • 新型パサート/パサートヴァリアント速攻試乗
  • 新型パサート/パサートヴァリアント速攻試乗
  • 新型パサート/パサートヴァリアント速攻試乗
  • 新型パサート/パサートヴァリアント速攻試乗
  • 新型パサート/パサートヴァリアント速攻試乗
  • 新型パサート/パサートヴァリアント速攻試乗
  • 新型パサート/パサートヴァリアント速攻試乗
  • 新型パサート/パサートヴァリアント速攻試乗
  • 新型パサート/パサートヴァリアント速攻試乗
  • 新型パサート/パサートヴァリアント速攻試乗
  • 新型パサート/パサートヴァリアント速攻試乗
  • 新型パサート/パサートヴァリアント速攻試乗
  • 新型パサート/パサートヴァリアント速攻試乗
  • 新型パサート/パサートヴァリアント速攻試乗
  • 新型パサート/パサートヴァリアント速攻試乗
  • 新型パサート/パサートヴァリアント速攻試乗
  • 新型パサート/パサートヴァリアント速攻試乗
  • 新型パサート/パサートヴァリアント速攻試乗

フラッグシップへの刷新

日本で販売されているフォルクスワーゲンのセダン/ワゴンのなかでもっとも大きなボディサイズをもつのがパサートだ。けれど僕はこれまでパサートに“フラッグシップ”という表現を使うのをあえて避けてきた。というのも、弟分のゴルフと比べて歴代パサートが圧倒的に上質だったかというと、決してそんなことはなかったからだ。

ボディサイズはたしかに大きいし、木目パネルやフロントグリルの面積もゴルフ以上。なおかつエンジン面でも贅沢をしていて、主力はあくまで4気筒だがV6も普通に積んでいたし、先々代ではW8というユニークな8気筒モデルも用意していた。つまり、VWは躍起になってパサートをゴルフより格上のプレミアムで立派なモデルとしてアピールしようとしてきたということだ。

そんな努力を認めつつも、僕としてはやはり「ゴルフの上級モデル」ではなく、「ゴルフでは小さすぎると思う人のためのクルマ」というイメージを捨てきれなかった。なぜなら、パサートのプレミアム性は大きなボディやエンジン、木目パネルの面積といった表面的な部分に依存していたからだ。

それに追い打ちをかけたのが現行ゴルフである。クラスを超えた本物感をもつゴルフVIによって、乗り味、走り味の面で明らかな逆転現象が起きていたのだ。もっとも、それはパサートがダメなのではなく、ゴルフがあまりにもよすぎたからなのだが…。

そんな状況のなか登場した新型パサートは、果たしてどんなクルマに仕上がっていたのか。驚いたことに、たった10メートル走っただけで弟分を上回るポテンシャルを秘めていることを体感できたのである。

試乗ステージ:都内⇔木更津 車種:パサートヴァリアント

    全長×全幅×全高=4785mm×1820mm×1530mm
    ホイールベース=2710mm
    車両重量=1470kg
    駆動方式=FF
    エンジン=1.4リッター直列4気筒DOHC・ターボ
    最高出力=90kW(122ps)/5000rpm
    最大トルク=200Nm(20.4kg-m)/1500-4000rpm
    トランスミッション=7速DSG
    10・15モード燃費=18.4km/L
    車両本体価格=396万円
    発表・発売日=2011年5月19日

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します