現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > レクサスCT200h 試乗 プリウス以来の秀作か

ここから本文です
試乗記 2011.2.2 レポート:清水 和夫 / 写真:小林 俊樹

レクサスCT200h 試乗 プリウス以来の秀作か

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
レクサスCT200h 試乗 プリウス以来の秀作か
  • レクサスCT200h 試乗 プリウス以来の秀作か
  • レクサスCT200h 試乗 プリウス以来の秀作か
  • レクサスCT200h 試乗 プリウス以来の秀作か
  • レクサスCT200h 試乗 プリウス以来の秀作か
  • レクサスCT200h 試乗 プリウス以来の秀作か
  • レクサスCT200h 試乗 プリウス以来の秀作か
  • レクサスCT200h 試乗 プリウス以来の秀作か
  • レクサスCT200h 試乗 プリウス以来の秀作か
  • レクサスCT200h 試乗 プリウス以来の秀作か
  • レクサスCT200h 試乗 プリウス以来の秀作か
  • レクサスCT200h 試乗 プリウス以来の秀作か
  • レクサスCT200h 試乗 プリウス以来の秀作か
  • レクサスCT200h 試乗 プリウス以来の秀作か
  • レクサスCT200h 試乗 プリウス以来の秀作か
  • レクサスCT200h 試乗 プリウス以来の秀作か
  • レクサスCT200h 試乗 プリウス以来の秀作か
  • レクサスCT200h 試乗 プリウス以来の秀作か
  • レクサスCT200h 試乗 プリウス以来の秀作か
  • レクサスCT200h 試乗 プリウス以来の秀作か
  • レクサスCT200h 試乗 プリウス以来の秀作か
  • レクサスCT200h 試乗 プリウス以来の秀作か
  • レクサスCT200h 試乗 プリウス以来の秀作か
  • レクサスCT200h 試乗 プリウス以来の秀作か
  • レクサスCT200h 試乗 プリウス以来の秀作か
  • レクサスCT200h 試乗 プリウス以来の秀作か
  • レクサスCT200h 試乗 プリウス以来の秀作か
  • レクサスCT200h 試乗 プリウス以来の秀作か
  • レクサスCT200h 試乗 プリウス以来の秀作か
  • レクサスCT200h 試乗 プリウス以来の秀作か
  • レクサスCT200h 試乗 プリウス以来の秀作か
  • レクサスCT200h 試乗 プリウス以来の秀作か
  • レクサスCT200h 試乗 プリウス以来の秀作か
  • レクサスCT200h 試乗 プリウス以来の秀作か
  • レクサスCT200h 試乗 プリウス以来の秀作か
  • レクサスCT200h 試乗 プリウス以来の秀作か

レクサスとトヨタのマイルストーン

 「レクサスは全部ハイブリッドにするべき」というのは私の持論で、何度かレクサスの責任者に話したことがある。みなさんご存じの通り、ハイブリッドが世界的なブームになったのは紛れもなくプリウスのおかげであるが、プリウスが売れたのかハイブリッドが売れたのかは、冷静に分析する必要があるだろう。

 アメリカではガソリンの価格が上下するたびに売れるクルマが変化するが、実はプリウスは安定したヒット作だった。とするとその人気の秘密は“ハイブリッドである前にクルマとしての魅力を持っているから”ではないだろうか。

 二代目でセダンと決別した5ドア・ハッチバックというフレッシュなイメージはハイブリッドの新鮮なイメージとオーバーラップしているし、弱点であったバッテリーの性能や高速燃費も着実に進化している。アメリカではカムリやレクサスにもハイブリッドを投入しているが、その知名度はプリウスには敵わない。乗り心地が荒いとか、ステアリングフィールが頼りないなど今のプリウスにも不満はあるが、静かでトルクフルな加速感、EV走行モードなど、従来のクルマには見られなかった新しい価値に溢れている。エンジンがいつ始動したのか分からないほど自然に行われるアイドルストップはみごととしか言いようがない。結局、プリウスにしかできない“オンリーワン”の世界を持っていることこそが勝因なのだ。

 ところで、プリウスのプラットフォームはトヨタ社内では「MCプラットフォーム」と呼ばれ、現在トヨタ サイ、レクサス HS250hに使われている。CT200hはこのMCプラットフォームをベースに開発されてはいるが、その車体構造はプリウスとはまるで別モノと言えるほどの凝った作り込みだ。これこそトヨタ、いやレクサスチームが成し遂げたかったことで、豊田章男社長がこだわる「味」を実現するものではないだろうか?

 CT200hのプラットフォームが今後のトヨタ車の大きなマイルストーンとなることは間違いない。私はその意味で、レクサス専用プレミアムハッチとして登場したこのCT200hこそが、プリウス以来の秀作であると睨んでいる!

試乗ステージ:横浜エリア 車種:CT200h

    全長×全幅×全高=4320mm×1765mm×1460mm
    ホイールベース=2600mm
    車重=1400kg
    駆動方式=FF
    エンジン=1.8リッター直列4気筒DOHCアトキンソンサイクル
    最高出力=73kW(99ps)/5200rpm
    最大トルク=142Nm(14.5kg-m)/4000rpm
    モーター=[60kW(82ps)、207Nm(21.1kg-m)]
    トランスミッション=電気式CVT(THSII)
    10・15モード燃費=32.0km/L
    価格=375万円
    発売日=2011年1月12日

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します