現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 新型CLS、海外レポート 環境性能も大幅に進化

ここから本文です
試乗記 2010.11.30 レポート:清水 和夫 / 写真:メルセデス・ベンツ日本

新型CLS、海外レポート 環境性能も大幅に進化

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新型CLS、海外レポート 環境性能も大幅に進化
  • 新型CLS、海外レポート 環境性能も大幅に進化
  • 新型CLS、海外レポート 環境性能も大幅に進化
  • 新型CLS、海外レポート 環境性能も大幅に進化
  • 新型CLS、海外レポート 環境性能も大幅に進化
  • 新型CLS、海外レポート 環境性能も大幅に進化
  • 新型CLS、海外レポート 環境性能も大幅に進化
  • 新型CLS、海外レポート 環境性能も大幅に進化
  • 新型CLS、海外レポート 環境性能も大幅に進化
  • 新型CLS、海外レポート 環境性能も大幅に進化

初代メルセデスCLSを振り返る

スタイリッシュなサルーンの先駆者は誰か? といえば、もちろんメルセデスCLSだ。2003年のフランクフルトショーに4ドアクーペのコンセプトデザインを提案して話題となった。バウハウスの伝統を重んじるメルセデスは徹底した機能主義者。しかし、ユーザーは退屈なメルセデスのデザインに飽き飽きしていたのも事実だったのだ。かくして革新的なデザインの4ドアクーペCLSが誕生した。

日本には2005年にCLSが導入され、新しいサルーンデザインに議論が沸き起こった。賛成派はクーペスタイルの4ドアサルーンに新しいメルセデスを感じたが、機能主義を訴える反対派は三つの箱(エンジンルーム・キャビン・トランク)の形をした3ボックスが王道だと信じていた。私はどちらかというと反対派の一人であったが、それは後席に乗り降りするのに頭をぶつけるのはメルセデスらしくないと思ったからだ。

しかし、日本のマーケットは賛成派が多数を占めた。スタイリッシュなCLSは退屈な高級車のSクラスからもEクラスからも乗り換える人が増え、AMGモデルが追加されるとさらにCLSの人気のバロメーターは上昇したのであった。

二代目となる新型CLSは2010年秋のパリショーで正式にデビューした。さらにダイナミックなスタイルに進化した二台目CLSのデザインを担当したのは若干37才の韓国系アメリカ人。4才の時からクルマのオモチャを握りながら寝ていたほどのクルマ好きだ。彼はR32GT-R・NSX・インプレッサというホットな90年代の日本車に憧れていたという。新型CLSのコンセプトはクルマ好きが飛びつきたくなる「エモーション」がテーマ。しかし守るべき伝統はしっかりと守ることを忘れなかったと語ってくれた。

車種:CLSクラス

    全長×全幅×全高=4940mm×1881mm×1416mm
    ホイールベース=2874mm
    車両重量=1735kg
    駆動方式=FR
    エンジン=3.5リッターV6直噴
    最高出力=225kW(306ps)/6500rpm
    最大トルク=370Nm(37.7kg-m)/3500-5250rpm
    トランスミッション=7速AT
    欧州複合モード燃費=15~14.3km/L

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します