現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > ベスト燃費は18.4km/L 最新3シリーズの衝撃

ここから本文です
試乗記 2010.9.8 レポート:河口 まなぶ / 写真:篠原 晃一

ベスト燃費は18.4km/L 最新3シリーズの衝撃

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ベスト燃費は18.4km/L 最新3シリーズの衝撃
  • ベスト燃費は18.4km/L 最新3シリーズの衝撃
  • ベスト燃費は18.4km/L 最新3シリーズの衝撃
  • ベスト燃費は18.4km/L 最新3シリーズの衝撃
  • ベスト燃費は18.4km/L 最新3シリーズの衝撃
  • ベスト燃費は18.4km/L 最新3シリーズの衝撃
  • ベスト燃費は18.4km/L 最新3シリーズの衝撃
  • ベスト燃費は18.4km/L 最新3シリーズの衝撃
  • ベスト燃費は18.4km/L 最新3シリーズの衝撃
  • ベスト燃費は18.4km/L 最新3シリーズの衝撃
  • ベスト燃費は18.4km/L 最新3シリーズの衝撃
  • ベスト燃費は18.4km/L 最新3シリーズの衝撃
  • ベスト燃費は18.4km/L 最新3シリーズの衝撃
  • ベスト燃費は18.4km/L 最新3シリーズの衝撃
  • ベスト燃費は18.4km/L 最新3シリーズの衝撃
  • ベスト燃費は18.4km/L 最新3シリーズの衝撃
  • ベスト燃費は18.4km/L 最新3シリーズの衝撃
  • ベスト燃費は18.4km/L 最新3シリーズの衝撃
  • ベスト燃費は18.4km/L 最新3シリーズの衝撃
  • ベスト燃費は18.4km/L 最新3シリーズの衝撃
  • ベスト燃費は18.4km/L 最新3シリーズの衝撃
  • ベスト燃費は18.4km/L 最新3シリーズの衝撃
  • ベスト燃費は18.4km/L 最新3シリーズの衝撃
  • ベスト燃費は18.4km/L 最新3シリーズの衝撃
  • ベスト燃費は18.4km/L 最新3シリーズの衝撃
  • ベスト燃費は18.4km/L 最新3シリーズの衝撃
  • ベスト燃費は18.4km/L 最新3シリーズの衝撃
  • ベスト燃費は18.4km/L 最新3シリーズの衝撃
  • ベスト燃費は18.4km/L 最新3シリーズの衝撃
  • ベスト燃費は18.4km/L 最新3シリーズの衝撃
  • ベスト燃費は18.4km/L 最新3シリーズの衝撃
  • ベスト燃費は18.4km/L 最新3シリーズの衝撃
  • ベスト燃費は18.4km/L 最新3シリーズの衝撃
  • ベスト燃費は18.4km/L 最新3シリーズの衝撃
  • ベスト燃費は18.4km/L 最新3シリーズの衝撃
  • ベスト燃費は18.4km/L 最新3シリーズの衝撃
  • ベスト燃費は18.4km/L 最新3シリーズの衝撃
  • ベスト燃費は18.4km/L 最新3シリーズの衝撃
  • ベスト燃費は18.4km/L 最新3シリーズの衝撃
  • ベスト燃費は18.4km/L 最新3シリーズの衝撃
  • ベスト燃費は18.4km/L 最新3シリーズの衝撃

3シリーズ全車の燃費が向上

BMWが突如発表した新たなエンジンラインナップは、自動車業界にかなりの衝撃を与えた。特に衝撃的だったのは3シリーズの主力モデルである「320i」で、発表されたリリースに記された10・15モード燃費値はなんと18.4km/L。この数字は当然、同クラスのライバルに圧倒的な差を付けるものだった。トランスミッションが6速MTの値とはいえ、その数値には相当のインパクトがあったことに間違いはなく、我々ジャーナリストの間でもかなり話題に上がった。

というのも新たなエンジンラインナップが発表される前までは、ライバルの直噴+過給という手法に対し、3シリーズは果たしてどんなソリューションで対応するのか? が実に興味深かったからだ。もっともライバルが新たな直噴+過給ユニットの搭載によって、約11~13km/Lあたりの数値を実現していた時から、3シリーズは従来のパワーユニットで12~12.8km/Lとほぼ同じ数値を達成していただけに、どんな方法で、どれだけの数値を実現するかに注目が集まっていた。そうした背景の中でついに発表された新エンジンラインナップは、まさにBMWらしいものだった。

もはや現代のガソリン・エンジンとしては必須項目ともいえる直噴化や、以前から用いている可変バルブ制御(バルブトロニック)を採用したのはもちろんだが、リーンバーンを採用するなどし、NAのままより一層の高効率化を図った。またパワーユニットだけではなく、電動パワーステアリングやブレーキエネルギー回生システム、アイドリングストップ機構(MT車)の採用など、技術を細かに積み上げて燃費の向上が図られている。

そこには、従来からのBMWの「駆け抜ける歓び」を決して犠牲にすることなく低燃費を実現する「EfficientDynamics」の思想が徹底されていたわけだ。またこの結果、10モデルが補助金対象車になったのだった。

試乗ステージ:ミュゼオ御殿場・周辺など 車種:3シリーズ

    全長×全幅×全高=4540mm×1800mm×1425mm
    ホイールベース=2760mm
    車両重量=1500kg
    駆動方式=FR
    エンジン=2.0リッター直列4気筒DOHC
    最高出力=125kW(170ps)/6700rpm
    最大トルク=210Nm(21.4kg-m)/4250rpm
    トランスミッション=6速AT
    10・15モード燃費=15.2km/L
    車両本体価格=445万円
    発売日=2010年5月25日

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します