現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > Eクラス クーペの技術 文系もわかるエコ解説

ここから本文です
試乗記 2009.12.7 レポート:岡崎 五朗 / 写真:菊池 貴之

Eクラス クーペの技術 文系もわかるエコ解説

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Eクラス クーペの技術 文系もわかるエコ解説
  • Eクラス クーペの技術 文系もわかるエコ解説
  • Eクラス クーペの技術 文系もわかるエコ解説
  • Eクラス クーペの技術 文系もわかるエコ解説
  • Eクラス クーペの技術 文系もわかるエコ解説
  • Eクラス クーペの技術 文系もわかるエコ解説
  • Eクラス クーペの技術 文系もわかるエコ解説
  • Eクラス クーペの技術 文系もわかるエコ解説
  • Eクラス クーペの技術 文系もわかるエコ解説
  • Eクラス クーペの技術 文系もわかるエコ解説
  • Eクラス クーペの技術 文系もわかるエコ解説
  • Eクラス クーペの技術 文系もわかるエコ解説
  • Eクラス クーペの技術 文系もわかるエコ解説
  • Eクラス クーペの技術 文系もわかるエコ解説
  • Eクラス クーペの技術 文系もわかるエコ解説
  • Eクラス クーペの技術 文系もわかるエコ解説
  • Eクラス クーペの技術 文系もわかるエコ解説
  • Eクラス クーペの技術 文系もわかるエコ解説
  • Eクラス クーペの技術 文系もわかるエコ解説

高級車に4気筒エンジンはどうなのよ?

発進した直後から、分厚いトルク感に驚かされた。わずか1.8リッターという排気量であるにもかかわらず、まるで3リッター超級のエンジンのように大きな手で腰のあたりを押されるような力強い発進をする。これは従来のターボエンジンにはなかったフィーリング。立ちあがりの速い小型ターボに加え、直噴化による高圧縮比化が、ターボエンジンにありがちな発進直後のスカスカ感をきれいさっぱり拭い去っているのだ。

街中の流れに付いていく程度なら、アクセルペダルの踏み込み量はほんのわずかで十分。5速ATはトントントンと素早くシフトアップを繰り返し、1500rpm前後という低い回転数を使いながら着実に速度を上げていく。巡航から加速に移行する際も、アクセルを意識的に深く踏み込まなければキックダウンは起きず、5速ホールドのまま頼もしい加速を演じる。となれば当然、実用燃費は向上するが、豊かな低速トルクは力強い運転フィールと優れた静粛性にも貢献している。

そうはいっても、600万円台の高級車に4気筒エンジンはどうなのよ? と思うかもしれない。たしかに、V6と比べれば上まで回したときの回転フィールにわずかな雑味はある。しかし、徹底した遮音対策とバランサーシャフトによって、そんじょそこらの4気筒とは別物と言っていいほどの静粛性とスムースさを実現しているのも事実であり、得られるメリット(燃費と鼻先の軽さ)を考えれば取るに足らない些細な弱点にすぎない。もちろん、V6にはV6の美点があるが、僕がもしEクラスクーペを買うなら迷わず250CGIを選ぶだろう。

気になる燃費だが、高速道路をノンビリと法定速度内で流せば13km/L台は確実にいく。一般道は信号の数や渋滞によって大きく変わるが、さほど混雑していない状況なら10km/L程度を期待していい。つまり、実用燃費が、10・15モード燃費の11.2km/Lを上回ってくるケースも少なくないということだ。

試乗ステージ:御殿場など 車種:Eクラス

    全長×全幅×全高=4715mm×1785mm×1395mm
    ホイールベース=2760mm
    車両重量=1610kg
    駆動方式=FR
    エンジン=1.8リッター直列4気筒DOHC直噴ターボ
    最高出力=150kW(204ps)/5500rpm
    最大トルク=310Nm(31.6kg-m)/2000-4300rpm
    トランスミッション=5速AT
    10・15モード燃費=11.2km/L
    車両本体価格=668万円
    ※AMGスポーツパッケージ装着モデル

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します