現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > Eクラス クーペの技術 文系もわかるエコ解説

ここから本文です
試乗記 2009.12.7 レポート:岡崎 五朗 / 写真:菊池 貴之

Eクラス クーペの技術 文系もわかるエコ解説

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Eクラス クーペの技術 文系もわかるエコ解説
  • Eクラス クーペの技術 文系もわかるエコ解説
  • Eクラス クーペの技術 文系もわかるエコ解説
  • Eクラス クーペの技術 文系もわかるエコ解説
  • Eクラス クーペの技術 文系もわかるエコ解説
  • Eクラス クーペの技術 文系もわかるエコ解説
  • Eクラス クーペの技術 文系もわかるエコ解説
  • Eクラス クーペの技術 文系もわかるエコ解説
  • Eクラス クーペの技術 文系もわかるエコ解説
  • Eクラス クーペの技術 文系もわかるエコ解説
  • Eクラス クーペの技術 文系もわかるエコ解説
  • Eクラス クーペの技術 文系もわかるエコ解説
  • Eクラス クーペの技術 文系もわかるエコ解説
  • Eクラス クーペの技術 文系もわかるエコ解説
  • Eクラス クーペの技術 文系もわかるエコ解説
  • Eクラス クーペの技術 文系もわかるエコ解説
  • Eクラス クーペの技術 文系もわかるエコ解説
  • Eクラス クーペの技術 文系もわかるエコ解説
  • Eクラス クーペの技術 文系もわかるエコ解説

パワースペックは3リッターV6と同等

E250CGIクーペが搭載するのは直噴式の1.8リッター直列4気筒。Eクラスとしては、先々代の初期モデル以来、12年ぶりに積む4気筒エンジンとなる。排気量がたった1.8リッターなのに“ニーゴーマル”と名乗るのは、ターボ過給によって実質的な排気量を拡大しているから。ターボチャージャーは排気ガスの圧力でタービンを回し、本来そのエンジンが吸い込める空気量よりもたくさんの空気をシリンダー内に強制的に押し込む。空気が多い=その分燃料をたくさん燃やせる=大きな力を生みだすという理屈だ。

しかし、このエンジンはパワーを引き出すためにターボを付けているわけじゃない。だとしたら旧来の価値観と同じになってしまう。CGI(チャージド・ガソリン・インジェクション)のコンセプトは、必要にして十分な動力性能をいかに少ない燃料で発生するかにあり、それを実現するべく小排気量エンジンにターボを組み合わせているのが特徴だ。

事実、パワースペックはセダンのE300が積む3リッターV6とほぼ同等。最高出力こそわずかに劣るが、最大トルクは3リッターV6を上回る値をより低い回転数で発揮する。一方で、10・15モード燃費はE300セダンを17%も下回るのだ。ターボは燃費が悪い。そんなイメージをもっている人も多いだろうし、実際これまでのターボはおしなべてそうだった。しかしCGIは違う。次ページでは、この1.8リッター直4直噴ターボがなぜ燃費がいいのかを、文系の人にもわかりやすいよう説明しよう。

試乗ステージ:御殿場など 車種:Eクラス

    全長×全幅×全高=4715mm×1785mm×1395mm
    ホイールベース=2760mm
    車両重量=1610kg
    駆動方式=FR
    エンジン=1.8リッター直列4気筒DOHC直噴ターボ
    最高出力=150kW(204ps)/5500rpm
    最大トルク=310Nm(31.6kg-m)/2000-4300rpm
    トランスミッション=5速AT
    10・15モード燃費=11.2km/L
    車両本体価格=668万円
    ※AMGスポーツパッケージ装着モデル

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します