現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > まさに、鉄壁。新型Eクラスワゴンに試乗!

ここから本文です
試乗記 2009.12.8 レポート:河口 まなぶ / 写真:メルセデス・ベンツ日本

まさに、鉄壁。新型Eクラスワゴンに試乗!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まさに、鉄壁。新型Eクラスワゴンに試乗!
  • まさに、鉄壁。新型Eクラスワゴンに試乗!
  • まさに、鉄壁。新型Eクラスワゴンに試乗!
  • まさに、鉄壁。新型Eクラスワゴンに試乗!
  • まさに、鉄壁。新型Eクラスワゴンに試乗!
  • まさに、鉄壁。新型Eクラスワゴンに試乗!
  • まさに、鉄壁。新型Eクラスワゴンに試乗!
  • まさに、鉄壁。新型Eクラスワゴンに試乗!
  • まさに、鉄壁。新型Eクラスワゴンに試乗!
  • まさに、鉄壁。新型Eクラスワゴンに試乗!
  • まさに、鉄壁。新型Eクラスワゴンに試乗!
  • まさに、鉄壁。新型Eクラスワゴンに試乗!
  • まさに、鉄壁。新型Eクラスワゴンに試乗!
  • まさに、鉄壁。新型Eクラスワゴンに試乗!
  • まさに、鉄壁。新型Eクラスワゴンに試乗!
  • まさに、鉄壁。新型Eクラスワゴンに試乗!
  • まさに、鉄壁。新型Eクラスワゴンに試乗!
  • まさに、鉄壁。新型Eクラスワゴンに試乗!
  • まさに、鉄壁。新型Eクラスワゴンに試乗!

キング・オブ・ワゴンの最新版

まさに、鉄壁。メルセデス・ベンツ、新型Eクラス ステーションワゴンに相応しいのは、そんなひと言だろう。なぜならEクラスワゴンは代々「キング・オブ・ワゴン」あるいは「キング・オブ・エステート」と称されてきた高い定評を持つ1台。それだけに、最新版は文句のつけようがない存在といってもいい。目の前にある新型Eクラスワゴンは、長い歴史と伝統あるメルセデス・ベンツのブランドを象徴するような威厳をたずさえて佇み、無言で圧倒的な存在感を物語る。

メルセデス・ベンツが最初のエステートを世に送り出したのは、今から30年以上前の1977年のこと。しかもこの時から既にその立ち位置は、プレミアムなライフスタイルを持つ人々をターゲットとするものだった。そして実際に、そうした人々の期待に応えると同時に高い満足度を与えてきた経緯がある。

そんな歴史と伝統からくる威厳と強い存在感が、新世代のデザインを纏ってもなお、薄れることなくオーラのように全身から放たれる。その証だろうか、ひと目見ただけでこのワゴンは単に生活の足ではなく、単に荷物を運ぶためだけの道具ではないことを教える。もちろんそれは1970年代に初めてエステートを送り出して以降持ち続けている雰囲気=他のワゴンからはあまり感じないプレミアムなライフスタイルを想わせる感覚だ。

デザインそのものはセダン同様に新世代のメルセデス・ベンツのそれ。だがセダンと異なり新たに与えられたリアセクションによって豊かなライフスタイルを想起させる。特にセダンでも用いられたポントン・メルセデスのデザインモチーフであるリアフェンダー上のカーブは、セダン以上にボディサイドで目を惹くアクセントになっていると同時に、プレムアムなワゴンに相応しい豊かさとして感じられるものだ。しかし何といってもキモはそのラゲッジルームだろう。

試乗ステージ:ドイツ・ウィスバーデン 車種:Eクラス

    全長×全幅×全高=4895mm×1854mm×1471mm
    ホイールベース=2854mm
    駆動方式=FR
    エンジン=1.8リッター直列4気筒DOHC・直噴ターボ
    最高出力=150kW(204ps)/5500rpm
    最大トルク=310Nm(31.6kg-m)/2000-4300rpm
    トランスミッション=5速AT
    ※数値はすべて欧州仕様

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します