現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 究極のベントレー、スーパースポーツに試乗!

ここから本文です
試乗記 2009.12.1 レポート:九島 辰也 / 写真:ベントレー モーターズ ジャパン

究極のベントレー、スーパースポーツに試乗!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
究極のベントレー、スーパースポーツに試乗!
  • 究極のベントレー、スーパースポーツに試乗!
  • 究極のベントレー、スーパースポーツに試乗!
  • 究極のベントレー、スーパースポーツに試乗!
  • 究極のベントレー、スーパースポーツに試乗!
  • 究極のベントレー、スーパースポーツに試乗!
  • 究極のベントレー、スーパースポーツに試乗!
  • 究極のベントレー、スーパースポーツに試乗!
  • 究極のベントレー、スーパースポーツに試乗!
  • 究極のベントレー、スーパースポーツに試乗!
  • 究極のベントレー、スーパースポーツに試乗!
  • 究極のベントレー、スーパースポーツに試乗!
  • 究極のベントレー、スーパースポーツに試乗!
  • 究極のベントレー、スーパースポーツに試乗!
  • 究極のベントレー、スーパースポーツに試乗!
  • 究極のベントレー、スーパースポーツに試乗!
  • 究極のベントレー、スーパースポーツに試乗!
  • 究極のベントレー、スーパースポーツに試乗!
  • 究極のベントレー、スーパースポーツに試乗!
  • 究極のベントレー、スーパースポーツに試乗!
  • 究極のベントレー、スーパースポーツに試乗!
  • 究極のベントレー、スーパースポーツに試乗!
  • 究極のベントレー、スーパースポーツに試乗!
  • 究極のベントレー、スーパースポーツに試乗!
  • 究極のベントレー、スーパースポーツに試乗!
  • 究極のベントレー、スーパースポーツに試乗!
  • 究極のベントレー、スーパースポーツに試乗!
  • 究極のベントレー、スーパースポーツに試乗!
  • 究極のベントレー、スーパースポーツに試乗!
  • 究極のベントレー、スーパースポーツに試乗!
  • 究極のベントレー、スーパースポーツに試乗!
  • 究極のベントレー、スーパースポーツに試乗!
  • 究極のベントレー、スーパースポーツに試乗!
  • 究極のベントレー、スーパースポーツに試乗!
  • 究極のベントレー、スーパースポーツに試乗!
  • 究極のベントレー、スーパースポーツに試乗!
  • 究極のベントレー、スーパースポーツに試乗!
  • 究極のベントレー、スーパースポーツに試乗!
  • 究極のベントレー、スーパースポーツに試乗!
  • 究極のベントレー、スーパースポーツに試乗!
  • 究極のベントレー、スーパースポーツに試乗!
  • 究極のベントレー、スーパースポーツに試乗!
  • 究極のベントレー、スーパースポーツに試乗!

フレックスフューエル対応

スーパースポーツのエンジンは、ベントレー初のフレックスフューエルとなる。違う言い方をすると、バイオエタノール対応ということだ。彼らは2008年のジュネーブショーで、二酸化炭素の削減と全モデルの燃費向上を実現させる長期プログラムを発表した。そしてその重要ポイントにフレックスフューエルエンジンを掲げたのである。

これは高級車ブランドとして環境問題に答える彼らの結論といえよう。じつはフェラーリを筆頭にこのクラスのメーカーは環境問題に対応する結論を模索していて、なかなかそれを出せないのが現状だ。そのためガソリンユニットの直噴化でしのいでいるのが本当のところ。事実、約一年前にフェラーリのエンジニアにディーゼルエンジンの可能性を尋ねたところ、「マーケットが欲していない」と一刀両断だった。もちろん、Sクラスのハイブリッド化なんてのもあるが、このクラスではハイブリッドの恩恵はあまり得られないだろう。

となると、フレックスフューエルエンジンは相当賢く、ライバルが追従することも十分考えられそうだ。ただ、これでさえエタノールの腐食性対応策や燃料システムの素材を一新するなど細かく手を入れる必要はある。ちなみに、バイオエタノールはとうもろこし、大豆、サトウキビなどから抽出するが、第二世代は食料と競合しないバイオマス、農業廃棄物、森林残留物を精製したものからなる。

そしてスーパースポーツの場合、バイオエタノールとガソリンの混合比率は85:15で、これを「E85」と呼ぶ。そんな新世代燃料にスーパースポーツは対応するが、日本ではあまり意味をなさないのも確か。個人的にオブザーバーをしているNPO法人では公共性の高いバスにそれを使用していたが、それとてエネルギー庁の新規制で、使用するのが難しい状況であることを付け加えておきたい。

試乗ステージ:スペイン・セビリア 車種:コンチネンタル スーパースポーツ

    全長×全幅×全高=4804mm×1945mm×1380mm
    ホイールベース=2745mm
    車両重量=2240kg
    駆動方式=AWD
    エンジン=6リッターW型12気筒DOHC・ツインターボチャージド
    最高出力=463kW(630ps)/6000rpm
    最大トルク=800Nm(81.6kg-m)/1700-5600rpm
    トランスミッション=6速AT
    車両本体価格=3150万円

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します