現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 7年ぶりのカムバック! 新型カマロに試乗

ここから本文です
試乗記 2009.11.26 レポート:九島 辰也 / 写真:齋藤 正

7年ぶりのカムバック! 新型カマロに試乗

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
7年ぶりのカムバック! 新型カマロに試乗
  • 7年ぶりのカムバック! 新型カマロに試乗
  • 7年ぶりのカムバック! 新型カマロに試乗
  • 7年ぶりのカムバック! 新型カマロに試乗
  • 7年ぶりのカムバック! 新型カマロに試乗
  • 7年ぶりのカムバック! 新型カマロに試乗
  • 7年ぶりのカムバック! 新型カマロに試乗
  • 7年ぶりのカムバック! 新型カマロに試乗
  • 7年ぶりのカムバック! 新型カマロに試乗
  • 7年ぶりのカムバック! 新型カマロに試乗
  • 7年ぶりのカムバック! 新型カマロに試乗
  • 7年ぶりのカムバック! 新型カマロに試乗
  • 7年ぶりのカムバック! 新型カマロに試乗
  • 7年ぶりのカムバック! 新型カマロに試乗
  • 7年ぶりのカムバック! 新型カマロに試乗
  • 7年ぶりのカムバック! 新型カマロに試乗
  • 7年ぶりのカムバック! 新型カマロに試乗
  • 7年ぶりのカムバック! 新型カマロに試乗
  • 7年ぶりのカムバック! 新型カマロに試乗
  • 7年ぶりのカムバック! 新型カマロに試乗
  • 7年ぶりのカムバック! 新型カマロに試乗
  • 7年ぶりのカムバック! 新型カマロに試乗
  • 7年ぶりのカムバック! 新型カマロに試乗
  • 7年ぶりのカムバック! 新型カマロに試乗
  • 7年ぶりのカムバック! 新型カマロに試乗
  • 7年ぶりのカムバック! 新型カマロに試乗
  • 7年ぶりのカムバック! 新型カマロに試乗
  • 7年ぶりのカムバック! 新型カマロに試乗
  • 7年ぶりのカムバック! 新型カマロに試乗
  • 7年ぶりのカムバック! 新型カマロに試乗
  • 7年ぶりのカムバック! 新型カマロに試乗
  • 7年ぶりのカムバック! 新型カマロに試乗
  • 7年ぶりのカムバック! 新型カマロに試乗
  • 7年ぶりのカムバック! 新型カマロに試乗
  • 7年ぶりのカムバック! 新型カマロに試乗
  • 7年ぶりのカムバック! 新型カマロに試乗
  • 7年ぶりのカムバック! 新型カマロに試乗

V6はレギュラーガソリン対応

開発を担当したのはオーストラリアの「ホールデン」。この会社はシボレーのノックダウン生産をメインにしてきたメーカーで、これまで北米と同じシャシーを使った右ハンドル車を生産してきた。その歴史は古く、スタートは馬具メーカーだったとも聞く。そういえば昔オーストラリア人に「オーストラリアに自動車メーカーはない?」と言ったら、「ホールデン」があると胸を張っていっていた…。

新型カマロのパッケージングはエンジン縦置きのFR方式で、シートレイアウトは2+2となる。これは初代からの伝統であり、リアシートが極端に狭いのもそれに準じている。サスペンションはフロントがストラット式、リアがマルチリンク式となる。マスタングのリアがリジッドだからってそれに倣ってはいない。まぁ、こちらの方がドラッグレースには不向きとなるが。

それはともかく、新型カマロにはふたつのエンジンがある。簡単にいうとV6とV8だ。で、まずは小さい方のエンジンだが、このユニットはキャデラックCTSと共有する。3.6リッターの直噴式ガソリンは、VVT(可変バルブタイミング機構)を搭載するといったプロファイルだ。言うまでもないが、直噴化は省燃費とCO2排出低減に一役買っている。それにレギュラーガソリン対応というのもお財布に優しい。最高出力は308psとなるから、マスタングの4リッターV6の213psと比べてもその威力はわかる。ヘッドもマスタングのシングルカムに対し、こちらはツインカムを採用した。

よって、実際の走りも高回転型でスムーズな吹け上がりを楽しむドライビングとなる。CTSにはないパドルシフトを駆使すれば、ファンな走りができるのはご想像のとおりだ。だが、それがカマロの走りかといえば、往年のファンから言わせると少々違う気もする。V6とてボンネットを持ち上げる太いトルクを持ち合わせるが従来のカマロだからだ。とはいえ、それを除けば正真正銘のカマロ。カスタムベースならお値打ち価格のこちらをチョイスするのが賢い選択となる。

試乗ステージ:横浜・みなとみらい周辺 車種:シボレー・カマロ

    全長×全幅×全高=4840mm×1915mm×1380mm
    ホイールベース=2855mm
    車両重量=1710kg
    駆動方式=FR
    エンジン=3.6リッターV型6気筒DOHC
    最高出力=227kW(308ps)/6400rpm
    最大トルク=370Nm(37.7kg-m)/5200rpm
    トランスミッション=6速AT
    車両本体価格=430万円

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します