現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > ポロ燃費でプリウス超え ブルーモーションとは?

ここから本文です
試乗記 2009.11.24 レポート:河口 まなぶ / 写真:フォルクスワーゲン グループ ジャパン

ポロ燃費でプリウス超え ブルーモーションとは?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ポロ燃費でプリウス超え ブルーモーションとは?
  • ポロ燃費でプリウス超え ブルーモーションとは?
  • ポロ燃費でプリウス超え ブルーモーションとは?
  • ポロ燃費でプリウス超え ブルーモーションとは?
  • ポロ燃費でプリウス超え ブルーモーションとは?
  • ポロ燃費でプリウス超え ブルーモーションとは?
  • ポロ燃費でプリウス超え ブルーモーションとは?
  • ポロ燃費でプリウス超え ブルーモーションとは?
  • ポロ燃費でプリウス超え ブルーモーションとは?
  • ポロ燃費でプリウス超え ブルーモーションとは?
  • ポロ燃費でプリウス超え ブルーモーションとは?
  • ポロ燃費でプリウス超え ブルーモーションとは?
  • ポロ燃費でプリウス超え ブルーモーションとは?
  • ポロ燃費でプリウス超え ブルーモーションとは?
  • ポロ燃費でプリウス超え ブルーモーションとは?
  • ポロ燃費でプリウス超え ブルーモーションとは?
  • ポロ燃費でプリウス超え ブルーモーションとは?
  • ポロ燃費でプリウス超え ブルーモーションとは?

ブルーモーションとは何なのか?

 答えはひとつじゃない。

 そんなひと言を記したのは、2009年9月3日の「まなブログ」でのこと。ドイツ本国でVWのブルーモーション・シリーズが発表され、その内容を受けてひらめいた言葉だった。日本という国に住んでいると、自動車の未来はハイブリッドかEVか、という感覚に浸され知らぬ間に近視眼的になる。事実、トヨタは新型プリウスで今年30万台近い受注を得た。ホンダはインサイトで善戦する。三菱はi-MiEVの一般向け予約を始め、 日産も来年送り出すEV、リーフの先行予約を始めた。時代は確実にエレクトリックな方向に舵が切られていると思える。日本にいる限りは。

 しかし、そんな状況の中でドイツのVWが提示したブルーモーション・ シリーズは、意外にも既存技術の積み上げによる成果だった。ハイブリッドかEVかという形式的な分類からすれば、それはコンベンショナルなディーゼル・エンジン搭載車、と記せてしまう。

 だが、驚くことにブルーモーション・シリーズの尖兵であるポロ・ブルーモーションは、欧州複合モードで実に3.3L/100km(30.3km/L)という燃費値を記録し、CO2排出量も87g/kmという優れた数値を実現した。ちなみに新型プリウスの同モードでの燃費値は25.6km/L、CO2排出量89g/kmだから、ポロ・ブルーモーションは最新のハイブリッドである新型プリウスよりも優れた数値を実現した、ということになる。

 日本にいると38.0km/L(10・15モード燃費)という数字には圧倒的な説得力がある。しかしVWはハイブリッドやEVなどの電動化だけが未来に対する答えではないことを数字で証明したのだ。

 今回ハノーバーで試乗したブルーモーション・シリーズの話をする前に、ここでまずVWにおけるブルーモーションとは何なのかを整理しておこう。その関係性や位置づけは少々複雑でかなりややこしいがお付き合い願いたい。

 まずブルーモーションの名が初めて用いられたのは、2006年5月に発表された先代ポロ。当時5人乗り乗用車として世界最高の3.9L/100km(25.6km/L)を実現した。以降、ブルー モーションは進化し続け、今日では全てのブルーモーションモデルとテクノロジーを統一ブランドである「ブルーモーション・テクノロジー」としてまとめている。

 そしてこの傘下に、ブルーモーション/ブルーモーション・テクノロジー/ブルーTDI/TSIエコフューエルという4つのコンセプトブランドがある。

 ブルーモーション・テクノロジーと呼ばれる統一ブランドの傘下にある同じ名前のブルーモーション・テクノロジー(ここがややこしい)とは、TDIエンジンやTSIエンジンを搭載したモデルに設定される装備パッケージ(アイドルストップや回生ブレーキ等)で、リアにこのエンブレムが与えられると同時にブルーモーション・テクノロジー仕様と呼ばれる。そしてブルーTDIは各クラスにおいて最もクリーンなディーゼルエンジンを搭載するモデルへの名称であり、TSIエコフューエルはTSIのツインチャージャーを用いることで、天然ガスとガソリンの2つの燃料が使用可能なモデルを指している。

 そして今回試乗したブルーモーションは、同社にラインナップされる各モデルにおいて最も高い環境性能を得たモデルに与えられる名称のこと。当然ここに与えられる技術は、ブルーモーション・テクノロジーの名の下に、現時点で利用可能であると同時にユーザーに大きなコスト負担とならない(ハイブリッドのように高コストではない)全ての技術が投入される。

車種:ポロ

    全長×全幅×全高=3995mm×1685mm×1475mm※
    ホイールベース=2470mm
    車両重量=1080kg
    エンジン=1.2リッター直列3気筒直噴ターボディーゼル
    最高出力=55kW(75ps)/4200rpm
    最大トルク=180Nm(18.4kg-m)/2000rpm~
    トランスミッション=7速DSG
    欧州複合サイクル燃費=30.3km/L
    ※データは本文を含め欧州参考値。ボディサイズはノーマルポロの参考値。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します