現在位置: carview! > 編集記事 > スクープ > 新型カイエン速攻試乗。コンサバデザインだが走り&先進装備が進化

ここから本文です
スクープ 2017.11.3 レポート:木村 好宏 / 写真:Kimura Office

新型カイエン速攻試乗。コンサバデザインだが走り&先進装備が進化

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新型カイエン速攻試乗。コンサバデザインだが走り&先進装備が進化
  • 新型カイエン速攻試乗。コンサバデザインだが走り&先進装備が進化
  • 新型カイエン速攻試乗。コンサバデザインだが走り&先進装備が進化
  • 新型カイエン速攻試乗。コンサバデザインだが走り&先進装備が進化
  • 新型カイエン速攻試乗。コンサバデザインだが走り&先進装備が進化
  • 新型カイエン速攻試乗。コンサバデザインだが走り&先進装備が進化
  • 新型カイエン速攻試乗。コンサバデザインだが走り&先進装備が進化
  • 新型カイエン速攻試乗。コンサバデザインだが走り&先進装備が進化
  • 新型カイエン速攻試乗。コンサバデザインだが走り&先進装備が進化
  • 新型カイエン速攻試乗。コンサバデザインだが走り&先進装備が進化
  • 新型カイエン速攻試乗。コンサバデザインだが走り&先進装備が進化
  • 新型カイエン速攻試乗。コンサバデザインだが走り&先進装備が進化
  • 新型カイエン速攻試乗。コンサバデザインだが走り&先進装備が進化
  • 新型カイエン速攻試乗。コンサバデザインだが走り&先進装備が進化
  • 新型カイエン速攻試乗。コンサバデザインだが走り&先進装備が進化
  • 新型カイエン速攻試乗。コンサバデザインだが走り&先進装備が進化
  • 新型カイエン速攻試乗。コンサバデザインだが走り&先進装備が進化
  • 新型カイエン速攻試乗。コンサバデザインだが走り&先進装備が進化
  • 新型カイエン速攻試乗。コンサバデザインだが走り&先進装備が進化
  • 新型カイエン速攻試乗。コンサバデザインだが走り&先進装備が進化
  • 新型カイエン速攻試乗。コンサバデザインだが走り&先進装備が進化
  • 新型カイエン速攻試乗。コンサバデザインだが走り&先進装備が進化
  • 新型カイエン速攻試乗。コンサバデザインだが走り&先進装備が進化
  • 新型カイエン速攻試乗。コンサバデザインだが走り&先進装備が進化
  • 新型カイエン速攻試乗。コンサバデザインだが走り&先進装備が進化
  • 新型カイエン速攻試乗。コンサバデザインだが走り&先進装備が進化

今やポルシェ販売の7割はSUV、マカンの5割は中国向け

今から28年前の1989年、フェリー・ポルシェは「もし、ポルシェがオフロードカーを作るとしたら、ポルシェのクオリティはもちろんの事だが、フロントにポルシェ独特のノーズとエンブレムがあればきっと人々は買ってくれるだろう!」と語った。この時代は「959」がパリ-ダカール・ラリーで活躍した直後で、おそらく本格的なオフロードカーを考えていたのかもしれないが、興味深いメッセージである。

それでも、当時の人々は私が今試乗しているようなポルシェのオフロードカー、しかも白いボディカラーのV8ターボを想像できただろうか?

「カイエン」は2002年に当時の社長ヴェンデリン・ヴィーデキングの英断で世に送り出された。主にアメリカ市場向けに考えられたモデルで、社長自身が所有していたグランド・チェロキーがアイデアの元と言われている。初代が27万台、2010年からの2世代目は50万台と、合計77万台が販売された。ポルシェの昨年の出荷実績を見ると合計23万台の内、マカンが9万5642台、カイエンが7万867台で、両SUVモデルが70%を占めている。「911」や「ボクスター/ケイマン」などポルシェのスポーツカー販売率は25%以下なのだ。しかも現在の主要市場は北米ではなく中国で、マカンの2台に1台は中国へ輸出されているのである。

試乗ステージ:ギリシャ・クレタ島

ポルシェ カイエンの購入を考える前に、愛車の現在価格を調べる

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します