現在位置: carview! > 編集記事 > スクープ > ミニ初のPHEVモデル、クーパー S E カントリーマン ALL4の走りを報告

ここから本文です
スクープ 2017.6.5 レポート:竹花 寿実(Kimura Office) / 写真:Kimura Office

ミニ初のPHEVモデル、クーパー S E カントリーマン ALL4の走りを報告

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ミニ初のPHEVモデル、クーパー S E カントリーマン ALL4の走りを報告
  • ミニ初のPHEVモデル、クーパー S E カントリーマン ALL4の走りを報告
  • ミニ初のPHEVモデル、クーパー S E カントリーマン ALL4の走りを報告
  • ミニ初のPHEVモデル、クーパー S E カントリーマン ALL4の走りを報告
  • ミニ初のPHEVモデル、クーパー S E カントリーマン ALL4の走りを報告
  • ミニ初のPHEVモデル、クーパー S E カントリーマン ALL4の走りを報告
  • ミニ初のPHEVモデル、クーパー S E カントリーマン ALL4の走りを報告
  • ミニ初のPHEVモデル、クーパー S E カントリーマン ALL4の走りを報告
  • ミニ初のPHEVモデル、クーパー S E カントリーマン ALL4の走りを報告
  • ミニ初のPHEVモデル、クーパー S E カントリーマン ALL4の走りを報告
  • ミニ初のPHEVモデル、クーパー S E カントリーマン ALL4の走りを報告
  • ミニ初のPHEVモデル、クーパー S E カントリーマン ALL4の走りを報告
  • ミニ初のPHEVモデル、クーパー S E カントリーマン ALL4の走りを報告
  • ミニ初のPHEVモデル、クーパー S E カントリーマン ALL4の走りを報告
  • ミニ初のPHEVモデル、クーパー S E カントリーマン ALL4の走りを報告
  • ミニ初のPHEVモデル、クーパー S E カントリーマン ALL4の走りを報告
  • ミニ初のPHEVモデル、クーパー S E カントリーマン ALL4の走りを報告
  • ミニ初のPHEVモデル、クーパー S E カントリーマン ALL4の走りを報告
  • ミニ初のPHEVモデル、クーパー S E カントリーマン ALL4の走りを報告
  • ミニ初のPHEVモデル、クーパー S E カントリーマン ALL4の走りを報告
  • ミニ初のPHEVモデル、クーパー S E カントリーマン ALL4の走りを報告
  • ミニ初のPHEVモデル、クーパー S E カントリーマン ALL4の走りを報告
  • ミニ初のPHEVモデル、クーパー S E カントリーマン ALL4の走りを報告
  • ミニ初のPHEVモデル、クーパー S E カントリーマン ALL4の走りを報告
  • ミニ初のPHEVモデル、クーパー S E カントリーマン ALL4の走りを報告
  • ミニ初のPHEVモデル、クーパー S E カントリーマン ALL4の走りを報告
  • ミニ初のPHEVモデル、クーパー S E カントリーマン ALL4の走りを報告
  • ミニ初のPHEVモデル、クーパー S E カントリーマン ALL4の走りを報告
  • ミニ初のPHEVモデル、クーパー S E カントリーマン ALL4の走りを報告
  • ミニ初のPHEVモデル、クーパー S E カントリーマン ALL4の走りを報告
  • ミニ初のPHEVモデル、クーパー S E カントリーマン ALL4の走りを報告
  • ミニ初のPHEVモデル、クーパー S E カントリーマン ALL4の走りを報告
  • ミニ初のPHEVモデル、クーパー S E カントリーマン ALL4の走りを報告
  • ミニ初のPHEVモデル、クーパー S E カントリーマン ALL4の走りを報告
  • ミニ初のPHEVモデル、クーパー S E カントリーマン ALL4の走りを報告

ミニ クーパー S E カントリーマン ALL4

新世代FFプラットフォーム採用でサイズ拡大

日本市場のみ「ミニ クロスオーバー」の名で販売されるコンパクトSUV、ミニ カントリーマンの新型に、ミニ・ブランド初のプラグイン・ハイブリッドが追加された。今回は6月24日に予定されているヨーロッパ市場での発売に先駆けて、スペイン・バルセロナで行われた国際試乗会で、その走りを体験する事ができた。

昨年11月にロサンゼルス・オートショーでワールドプレミアとなり、既に日本でもディーゼル・エンジン搭載モデルのみが導入されているニュー・ミニ カントリーマンは、全長4299mm、全幅1822mmと、先代からボディサイズがひとまわり拡大。ホイールベースも75mm伸びて2670mmとなっている。

このサイズアップは、BMWの新世代FFプラットフォームであるUKL2を採用したためで、新しいミニ クラブマンが大きくなったのと同様である。このUKL2は、BMW 2シリーズ アクティブツアラーやBMW X1にも採用されており、それぞれ225xeとxDrive25Le iパフォーマンス(中国市場専用モデル)というPHEVが用意されている。

ミニ ミニクロスオーバーの購入を考える前に、愛車の現在価格を調べる

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します