現在位置: carview! > 編集記事 > スクープ > イタリア・モデナで激写した謎のアルファ・ジュリアの正体とは!?

ここから本文です
スクープ 2016.2.17 レポート:武田公実 / 写真:武田公実

イタリア・モデナで激写した謎のアルファ・ジュリアの正体とは!?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イタリア・モデナで激写した謎のアルファ・ジュリアの正体とは!?
  • イタリア・モデナで激写した謎のアルファ・ジュリアの正体とは!?
  • イタリア・モデナで激写した謎のアルファ・ジュリアの正体とは!?
  • イタリア・モデナで激写した謎のアルファ・ジュリアの正体とは!?
  • イタリア・モデナで激写した謎のアルファ・ジュリアの正体とは!?

世界で公開されている510馬力のジュリアQVではない!?

2015年6月24日、アルファロメオにとっては創立105年の記念日に世界初公開された新型車ジュリア。しかし、現時点までに公開されているのは、510psを発生する3リッターV6ツインターボを搭載した最上級バージョンのQV(クァドリフォリオ・ヴェルデ)のみで、実際にマーケットにおいて主軸となるスタンダード版は、なんらの情報も明らかにはされていない。

フェラーリやマセラティがあるモデナの幹線道路で撮影!

そんな状況のもとにある、今年2月上旬の某日。軽いカムフラージュを施した状態のスタンダード版ジュリアを、フェラーリやマセラティの本社があることでも知られる北イタリア・モデナ近郊の幹線道路にて発見。激写に成功した。

テストドライバーと思しき人物が一人で試走を行っていたテストカーは、既に発表済みのジュリアQVと比較すると明らかに異なるディテールを持つことが、カムフラージュ越しにも見て取れる。フロントのバンパースポイラーはQVより大人しいデザインで、左右フロントフェンダーのエア・アウトレットも確認できない。またテールではトランクスポイラーが取り去られ、エンドマフラーもQVの4本出しから2本出しへと控えめになっている。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します