現在位置: carview! > 編集記事 > スクープ > 新型ジャガーXF試乗。新世代アルミボディと猫足サスペンション

ここから本文です
スクープ 2015.9.16 レポート:木村 好宏 / 写真:Kimura Office

新型ジャガーXF試乗。新世代アルミボディと猫足サスペンション

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新型ジャガーXF試乗。新世代アルミボディと猫足サスペンション
  • 新型ジャガーXF試乗。新世代アルミボディと猫足サスペンション
  • 新型ジャガーXF試乗。新世代アルミボディと猫足サスペンション
  • 新型ジャガーXF試乗。新世代アルミボディと猫足サスペンション
  • 新型ジャガーXF試乗。新世代アルミボディと猫足サスペンション
  • 新型ジャガーXF試乗。新世代アルミボディと猫足サスペンション
  • 新型ジャガーXF試乗。新世代アルミボディと猫足サスペンション
  • 新型ジャガーXF試乗。新世代アルミボディと猫足サスペンション
  • 新型ジャガーXF試乗。新世代アルミボディと猫足サスペンション
  • 新型ジャガーXF試乗。新世代アルミボディと猫足サスペンション
  • 新型ジャガーXF試乗。新世代アルミボディと猫足サスペンション

粘り強い猫足ぶりに感心!

今回スペインで行われた試乗会では山間のワインディングロードに加えて、4ドア・サルーンとしては異例のサーキット走行まで含まれており、一体どうなっているのかと興味津々だったが、フロントのダブルウィッシュボーンとリアの独特な形状を持つアルミ製の頑丈そうなインテグラル・リンクがもたらす操縦性は、オンロードの様々な路面状況で飽くまでも快適である一方、コーナーでの粘り強いロードホールディングにも感心させられた。

サーキットにおけるスポーツ走行では4輪がまるでネコ科のジャガーが疾走しているかのようにしっかりと路面に食らいついて狙い通りのラインをトレースすることが可能であった。また軽量アルミボディのお陰でボディが大きくロールすることがなく、ドライバーに不安を感じさせない。BMWやアウディとは違って、良い意味で終始粘り強いサスペンションの動きを感じさせる。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します