現在位置: carview! > 編集記事 > ライバル車比較 > ワゴンR/ムーヴ/デイズを徹底比較 ~日常使いにもってこいの軽ハイトワゴン~:概要

ライバル車比較:ワゴンR/ムーヴ/デイズを徹底比較 ~日常使いにもってこいの軽ハイトワゴン~

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 前のページ | 次のページ ]

左から日産 デイズ、スズキ ワゴンR、ダイハツ ムーヴ
左から日産 デイズ、スズキ ワゴンR、ダイハツ ムーヴ

日常使いにもってこいの軽自動車ハイトワゴン

最近は軽自動車の売れ行きが低調だといわれるが、2016年度(2016年4月から2017年3月)の販売統計を見ると、新車として売られたクルマの34%が軽自動車だ。販売台数は172万台で、34%の販売比率は約10年前と同程度になる。

「低調」とされる根拠は、2014年の227万台/41%に比べて大幅に減ったためだが、この年は売り方が異常であった。販売会社が自ら届け出を行い、中古車市場に卸す自社届け出が頻発したのだ。

2013年も39%、2012年は37%占めるなど、この時期には無茶な売り方(正確には届け出の仕方)をしたから、その後に売れ行きが下がって当然。しかし今でも軽自動車の人気は根強い。

そして2017年には再び軽自動車が勢いを強める。2月にスズキ ワゴンRが6代目にフルモデルチェンジを行った。さらに、ダイハツ ミライースやホンダ N-BOXも夏前後には一新されるとウワサされている。

そこで今回は新型になったスズキ ワゴンRを中心に、ダイハツ ムーヴ、日産 デイズのライバル3車を比べたい。

直近のワゴンRの販売台数を見ると伸び悩んでいる。3月は軽自動車市場全体で6位であった。ただし発売直後にワゴンRの販売台数が伸びないのは、歴代モデルを振り返るとよくあることだ。2003年9月に3代目が発売された直後はホンダ ライフを抜けず、2008年9月の4代目もムーヴを相手に苦戦した。2012年9月の先代モデルはN-BOXに押さえられていた。

発売直後のワゴンRに弾みが付かないのは、日常生活の中で使われる実用車の性格が強いからだ。いわばナベやカマのような道具だから、フルモデルチェンジを受けてもユーザーが急いで新車に乗り替えることはない。

その代わり車検期間が到来すれば、必ず新型を買ってくれる。そのためにワゴンRがフルモデルチェンジを受けると、「このデザインはもはや飽きられた」といわれるが、一定期間を経ると着実に売れている。

ただし今は事情が少し違う。2011年12月に発売されたN-BOXが格段に広い室内とミニバン風の外観でヒット作になり、軽自動車のイメージまで変えたからだ。それまではワゴンRやムーヴなど、全高を1600~1700mmに設定する車種が売れ筋だったが、N-BOXの登場により、ダイハツ タントを含めてスライドドアを備えた全高が1700mm以上の車種に人気が移った。スズキ スペーシアも1700mm以上で、安全装備の充実などのテコ入れも行ったため、2013年3月の発売から売れ行きをほとんど下げていない。

このようにワゴンR/ムーヴ/デイズは販売面で脇役的な立場になりつつあるが、選ぶ価値は高い。4名が快適に乗車できて、荷物の収納性も優れ、ポケット類も豊富に装着される。価格はN-BOX、タント、スペーシアよりも割安で、燃費も優れているからだ。

軽自動車を買う時は、まずは全高が1600~1700mmの軽自動車を検討して、機能に不満があったらさらに背の高い車種をチェックするのが合理的だろう。

文:渡辺陽一郎 撮影:和田清志・小林岳夫

[ 情報提供:オートックワン ]

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します