現在位置: carview! > 編集記事 > ライバル車比較 > CX-5/アウトランダーPHEV/ハリアーを徹底比較 ~環境や燃費に配慮したシティ派SUV~:概要

ライバル車比較:CX-5/アウトランダーPHEV/ハリアーを徹底比較 ~環境や燃費に配慮したシティ派SUV~

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 前のページ | 次のページ ]

左からトヨタ ハリアー、マツダ CX-5、三菱 アウトランダーPHEV
左からトヨタ ハリアー、マツダ CX-5、三菱 アウトランダーPHEV

環境や燃費に配慮したシティ派SUV

最近は軽自動車やコンパクトカーなど実用性を重視した価格の求めやすい車種が売れ筋だが、その中で注目されるのがSUVの動向だ。趣味性の強いカテゴリーで価格も高めなのに、堅調に売れている車種が見られる。

設計の新しいSUVでは、マツダ CX-5が挙げられるだろう。先代モデルはマツダのスカイアクティブ技術をフルに採用した第1弾として2012年に発売された。クリーンディーゼルターボの搭載もあって人気車となり、2016年12月に現行モデルへフルモデルチェンジしている。

プラットフォームやエンジンなどの主要メカニズムは先代モデルを踏襲したが、乗り心地や内装の質を高めて安全装備も充実させた。先代モデルを洗練させたのが現行モデルと考えれば良い。

CX-5のライバル車としては、三菱 アウトランダーがある。主力のPHEVは充電機能を備えたハイブリッドを搭載して、2リッターエンジンは主に発電機として機能する。駆動は前後に搭載されたモーターが担当する仕組みだ。

現行アウトランダーの発売は2012年10月、PHEVは2013年1月だが、その後に数回の変更を受け、2017年2月にも改良を行って充電時間を短縮するなど機能を高めた。

そしてCX-5やアウトランダーといった上級SUVの中では、トヨタ ハリアーの人気が根強い。今日のSUVでは珍しく国内市場を重視して開発され、内外装には日本のユーザーにとって分かりやすい高級感が漂う。ハイブリッドを用意したこともあり、2013年12月の発売以来、SUVの中では売れ行きが好調だ。

今回はこの3車種を比較したい。CX-5はクリーンディーゼルターボ、アウトランダーは充電可能なハイブリッド、ハリアーはトヨタの代表的なハイブリッドシステムを備え、3車種ともに環境/燃費性能に配慮されている。

文:渡辺陽一郎 撮影:茂呂幸正・和田清志・小林岳夫

[ 情報提供:オートックワン ]

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • pok*****|2017/03/31 00:34

    違反報告

    この3台ともオンロード性能は揃って優秀ですが、アウトランダーPHEVのクロカン能力は アジアクロスカントリーラリーで好成績を挙げていることもあり、この中では頭抜けていると思います。
    併せて耐久性も優秀で、しかもダイナミックシールド採用でカッコ良くなりました。
    只々、無能な三菱首脳陣のせいで、みすみす日産にその技術を明け渡すことになったのは、大変残念に思います。
  • pdq*****|2017/04/03 19:49

    違反報告

    ・ハリアーHV、アウトランダーPHEV 本体価格400~450万
    ・CX-5XD 本体価格300~350万
    リッチな渡辺さんには解らないと思うが、この価格差は大きい。
    ハリアーは2Lが現実。HVが買える環境ならNXが視野に入る。
  • ss0*****|2017/03/30 17:18

    違反報告

    ハリアーは国内だけってこともあって良くも悪くも他の2台より日本人が好きそうな内装にまとめてるね。
    あと3台とも4WDなんだから4WDの性能も比較してほしかったわ。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します