現在位置: carview! > 編集記事 > ライバル車比較 > スイフト/ヴィッツ/ノートを徹底比較 ~ハイブリッド追加で注目のコンパクトカー~:概要

ライバル車比較:スイフト/ヴィッツ/ノートを徹底比較 ~ハイブリッド追加で注目のコンパクトカー~

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 前のページ | 次のページ ]

左から日産 ノート、スズキ スイフト、トヨタ ヴィッツ
左から日産 ノート、スズキ スイフト、トヨタ ヴィッツ

ハイブリッド追加で注目のコンパクトカー

今は日本の自動車メーカーも海外市場に力を入れ、国内では新型車の発売が滞っている。ニューモデルは輸入車の方が多いほどだから、日本車の売れ行きが伸び悩むのも当然だが、コンパクトカーにはこの数か月間で動きがあった。

2016年11月には日産 ノートがマイナーチェンジを行い、ハイブリッドのe-POWERを追加。ノートは日産の主力車種とあって売れ行きを伸ばし、2016年11月と2017年1月の登録車(小型/普通車)の月別販売ランキングでトップに立った。

また、2016年12月にはスズキ スイフトがフルモデルチェンジを実施。スイフトにもマイルドタイプのハイブリッドが設定され、2017年1月から販売を開始して堅調に売れている。2017年1月にはトヨタヴィッツもマイナーチェンジを実施してハイブリッドを加えた。

これらの内、現行ノートの発売は2012年、ヴィッツは2010年だから、両車ともフルモデルチェンジを実施して良い時期だ。しかし、既存のグレードはマイナーチェンジで済ませ、ハイブリッドの追加で需要を喚起するやり方は消極的だが、今の国内市場ではこの程度のテコ入れでもニュースになる。

また5ナンバーサイズのコンパクトカーは運転がしやすく、価格も割安だから人気が高い。経済性も重視されるので、ハイブリッドを設定すると注目を集める。

そこで今回は、スイフト/ヴィッツ/ノートのコンパクトなハイブリッド3車を比べることにした。

文:渡辺陽一郎 撮影:小林岳夫・和田清志

[ 情報提供:オートックワン ]

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します