現在位置: carview! > 編集記事 > ライバル車比較 > ノート/アクア/フィットを徹底比較 ~200万円で買える低燃費で人気のコンパクトカー~:概要

ライバル車比較:ノート/アクア/フィットを徹底比較 ~200万円で買える低燃費で人気のコンパクトカー~

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 前のページ | 次のページ ]

左からホンダ フィットハイブリッド、トヨタ アクア、日産 ノートe-POWER
左からホンダ フィットハイブリッド、トヨタ アクア、日産 ノートe-POWER

200万円で買える低燃費で人気のコンパクトカー

2016年11月2日に発売された日産ノートe-POWERの売れ行きが好調だ。発売後3週間で、マイナーチェンジを受けたガソリンエンジン搭載車なども含めると約2万台を受注したという。

グレードの内訳を見ると、e-POWER Xが47%、e-POWERメダリストが31%で、受注台数全体の78%がe-POWERになった。

ただしe-POWER Sの受注は0%だ。このグレードは緊急自動ブレーキやエアコンを装着せず、軽量化を図ってJC08モード燃費を無理矢理37.2km/Lに設定した。それなのに販売比率が0%だから「アクアの37km/Lを超えれば注目される」という目論見がもしあったならば、完全にハズレたわけだ。妙な販売戦略は立てない方が良い。このあたりが旧来の日産を受け継ぐ欠点だろう。

また今の日産車には、設計の古い車種と海外向けが増えており、マトモに売れるのはノート/セレナ/エクストレイル/デイズ/デイズルークスだけ。ノートe-POWERが加わる前の販売台数を見ても、この5車種の数字を合計すると日産車全体の60~70%に達する。

ノートe-POWERが好調に売れた背景には、積極的に販売できる車種が限られ、販売店のセールスパワーが集中したこともあるだろう。

それでも多くのユーザーが購入している以上、ノートe-POWERが魅力的な車種であることは確かだ。改めてライバル比較を行ってみたい。

取り上げるのは日産 ノートe-POWER、トヨタ アクア、ホンダ フィットハイブリッドの3車種。いずれも5ナンバーサイズに収まるコンパクトなハイブリッド車で、日本の使用環境にも適している。

価格は売れ筋のノートe-POWER Xが195万9120円、アクアSが188万7055円、フィットハイブリッドLパッケージが195万9000円になる。180~200万円の価格帯は、コンパクトなハイブリッド車の激戦区だ。

文:渡辺陽一郎 撮影:和田清志・小林岳夫

[ 情報提供:オートックワン ]

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します