現在位置: carview! > 編集記事 > ライバル車比較 > レヴォーグSTIスポーツ/パサートGTEヴァリアント/Cクラスワゴンを徹底比較 ~スポーティーで上質なステーションワゴン~:概要

ライバル車比較:レヴォーグSTIスポーツ/パサートGTEヴァリアント/Cクラスワゴンを徹底比較 ~スポーティーで上質なステーションワゴン~

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 前のページ | 次のページ ]

左から、スバル レヴォーグ STIスポーツ、VW パサート GTEヴァリアント、メルセデス・ベンツ Cクラスワゴン
左から、スバル レヴォーグ STIスポーツ、VW パサート GTEヴァリアント、メルセデス・ベンツ Cクラスワゴン

スポーティーで上質なステーションワゴン

今回の3台比較は、スバル レヴォーグSTIスポーツ、フォルクスワーゲン パサートGTEヴァリアント、メルセデス・ベンツ Cクラスワゴンを取り上げる。

「この組み合わせはアリ?」と疑問に思われる読者諸兄もおられるだろう。最近は新型車が欠乏状態だが、スバル レヴォーグSTIスポーツは運転の楽しい人気車種。そこで取り上げたが、ライバル車を選定しにくい。

国産ワゴンで堅調に売れているのは、レヴォーグのほかはコンパクトなトヨタ カローラフィールダーのみ。強いて挙げればマツダ アテンザワゴンがあるが、売れ行きが伸び悩み、大幅な改良も行うからタイミングが悪い。

そこで設計が比較的新しく、価格も欧州車では求めやすいフォルクスワーゲン パサートGTEヴァリアント、プレミアムブランドで人気のメルセデス・ベンツ Cクラスワゴンとした。「レヴォーグが欧州ワゴンにどれだけ迫れるか」がテーマになる。

またレヴォーグSTIスポーツはガソリンターボ、VW パサートGTEヴァリアントは充電可能なプラグインハイブリッド、メルセデス・ベンツ Cクラスワゴンには2.2リッターのクリーンディーゼルターボが用意され、それぞれが異なるパワーユニットを備える。

それにしても昨今は国産ワゴンが6車種程度しか用意されず、設計の古い車種が目立つという現状は、国内市場の低迷を象徴するかのようだ。

確かにワゴンは、国内では車内が抜本的に広いミニバンに販売面で圧倒され、北米でも需要がSUVに移った。そのため車種数も減ったが、ワゴンはセダンと同様に重心が低く、走行安定性と乗り心地を向上させやすい。外観はセダンとは違うアクティブな雰囲気に演出できる。

今は実用指向の車種が売れ筋だが、国内需要を回復したいと願うなら、「必要に迫られなくても買いたくなるクルマ」を投入して市場に潤いを与えることが大切だろう。ワゴンはそのひとつに位置付けられると思う。

文:渡辺陽一郎 撮影:茂呂幸正・和田清志・小林岳夫

[ 情報提供:オートックワン ]

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します