現在位置: carview! > 編集記事 > ライバル車比較 > 軽自動車でスポーティな走りを楽しむ、アルトワークス/キャストスポーツ/S660を徹底比較:概要

ライバル車比較:軽自動車でスポーティな走りを楽しむ、アルトワークス/キャストスポーツ/S660を徹底比較

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 前のページ | 次のページ ]

左から、ホンダ S660、スズキ アルトワークス、ダイハツ キャストスポーツ
左から、ホンダ S660、スズキ アルトワークス、ダイハツ キャストスポーツ

軽自動車でスポーティな走りを楽しむ

最近の軽自動車は、燃費偽装問題などがあって、イメージがいまひとつ良くない。

それでも日本車をジャンル別に見ていくと、軽自動車の存在感が一番強い。今の小型&普通車の多くは、北米や中国といった海外市場を重視して開発され、日本のユーザーから見ると距離感のある車種が増えた。

その点で軽自動車は、一部の例外を除くと国内専売とあって、実用と感覚の両面で馴染みやすい。今でも新車として売られるクルマの33~35%は軽自動車だ。

この軽自動車の中で、最近はターボを装着したスポーツ指向の車種が注目されている。2014年6月にダイハツ コペン、2015年4月にはホンダ S660、同年10月にダイハツ キャストスポーツ、12月にはスズキ アルトターボRSに続いてアルトワークスが発売された。

軽自動車のスポーツモデルは昔から存在していて、1990年代の前半には、ホンダ ビート/スズキ カプチーノ/マツダ(オートザム)AZ-1というスポーツカーが話題になった。今でも背の高い車種の大半にエアロパーツを備えたカスタム系が用意され、ターボ車も選択できる。

従ってスポーツ指向の軽自動車は目新しくないが、コペン以降に新型車の発売が続いたので、ちょっとした流行のようになっている。

そこで今回は、2015年に発売された設計が新しい各メーカーの軽スポーツを比較試乗したい。スズキ アルトワークス、ダイハツ キャストスポーツ、ホンダ S660を取り上げる。

文:渡辺陽一郎 撮影:茂呂幸正・和田清志

[ 情報提供:オートックワン ]

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します