現在位置: carview! > 編集記事 > ライバル車比較 > 注目の最新ミドルサイズハッチバック、プリウス/ゴルフ/アクセラスポーツを徹底比較:概要

ライバル車比較:注目の最新ミドルサイズハッチバック、プリウス/ゴルフ/アクセラスポーツを徹底比較

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 前のページ | 次のページ ]

左から、マツダ アクセラスポーツ、トヨタ プリウス、フォルクスワーゲン ゴルフ
左から、マツダ アクセラスポーツ、トヨタ プリウス、フォルクスワーゲン ゴルフ

各メーカーを代表するミドルサイズハッチバックを徹底比較

今、最も注目されているクルマはトヨタ プリウスだろう。

4代目となる新型プリウスは2015年12月9日に発売され、同月と2016年1月は、登録台数(軽自動車の届け出台数を含む)のナンバーワンになった。2月中旬時点の納期は3~9か月かかる見込みで、しばらくは国内販売のトップを守るだろう。

ちなみに現行プリウスの発売後1か月の受注台数は10万台だが、2009年に発売された先代モデルは18万台であった。先代はトヨタディーラー全店での取り扱いに移行した最初のモデルで、割安な価格も話題になった。

先代モデルに比べると新型の受注状況は大人しいが、人気車であることにかわりはない。

プリウスは当然ながら「ハイブリッド」のイメージが強く、既存のカテゴリーに分類しにくい面がある。表現を変えれば競争相手が不在で、セダンからミニバンまで、さまざまなクルマのユーザーがプリウスに代替えしている。そこが強みでもあるが、ほかの車種と同じようにボディタイプで区分すれば、ミドルサイズの5ドアハッチバックに属する。

そこで今回は、同じジャンルのフォルクスワーゲン ゴルフ、マツダ アクセラスポーツと比べたい。

ゴルフは主力エンジンとして1.2リッターと1.4リッターのガソリンターボを搭載しており、アクセラスポーツは2.2リッターのクリーンディーゼルターボに特徴がある。

3車種ともミドルサイズの5ドアハッチバックだが、注目のパワートレーンはハイブリッド/小排気量のガソリンターボ/クリーンディーゼルターボと、それぞれ異なるわけだ。

日本市場の売れ筋ジャンルは軽自動車とコンパクトカーだが、海外ではミドルサイズハッチバックの人気が高い。プリウス/ゴルフ/アクセラスポーツの3車種は、国際的に見るとトヨタ/VW/マツダの代表車種でもある。

この3車種を比べると、各メーカーが商品開発に取り組む考え方の違いも見えてくるだろう。

文:渡辺陽一郎 撮影:茂呂幸正・和田清志

[ 情報提供:オートックワン ]

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します