現在位置: carview! > 編集記事 > ライバル車比較 > スタイリッシュで実用的な売れ筋SUV、フォレスター/エクストレイル/アウトランダーPHEVを徹底比較:概要

ライバル車比較:スタイリッシュで実用的な売れ筋SUV、フォレスター/エクストレイル/アウトランダーPHEVを徹底比較

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 前のページ | 次のページ ]

左から、三菱 アウトランダーPHEV、スバル フォレスター、日産 エクストレイル
左から、三菱 アウトランダーPHEV、スバル フォレスター、日産 エクストレイル

実用性と趣味性の適度なバランスで人気の先進SUV3車を徹底比較

SUVの魅力とは、「実用性と趣味性の適度なバランス」だろう。

外観は大径のタイヤを履かせてカッコ良く、最低地上高(路面とボディの最も低い部分との間隔)にも余裕があるから大きめの段差も乗り越えやすい。SUVはもともと悪路走行を重視するクルマだから、都会的になった今でも走破力は高い部類に入る。

その一方でボディの上半分はワゴンや5ドアハッチバックに近い形状となり、居住性は前後席ともに快適だ。セダンの平均水準を上まわり、大人4名が乗車して、長距離を快適に移動できるSUVが多い。

ボディの後部にはリアゲートが装着されて荷物の出し入れがしやすく、後席の背もたれを倒すと積載空間をさらに拡大できる。サイズによっては自転車を積めるSUVもある。

SUVの全高は1,600~1,700mm前後が多く、天井の高さはミニバン並み。車内はミニバンほど広くないが、その代わりに趣味性を強めた。価格も同サイズのミニバンに近いから代替えがしやすい。

実用性と趣味性の適度なバランスがウケて、最近はSUVの人気が高い。欧州ブランドも北米での好調な売れ行きを受けて、15年ほど前からSUVを手掛けるようになった。イメージが良くなったことも人気の要因だろう。

そこで今回は、2リッタークラスのエンジンを搭載するミドルサイズの売れ筋SUVを比較してみよう。

車種は2015年10月に大幅な改良を行ったスバル フォレスター、日産 エクストレイルハイブリッド、三菱 アウトランダーPHEVだ。

文:渡辺陽一郎 撮影:茂呂幸正・和田清志

[ 情報提供:オートックワン ]

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します