現在位置: carview! > 編集記事 > ライバル車比較 > オープンの解放感を楽しむ国産コンパクトクーペ、ロードスター/S660/コペンを徹底比較:概要

ライバル車比較:オープンの解放感を楽しむ国産コンパクトクーペ、ロードスター/S660/コペンを徹底比較

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 前のページ | 次のページ ]

左から、ホンダ S660、マツダ ロードスター、ダイハツ コペン
左から、ホンダ S660、マツダ ロードスター、ダイハツ コペン

コンパクトなオープンスポーツの3車種が出そろった

ショッピングセンターの駐車場に入ると、背の高いクルマが増えたことに改めて気付く。

ミニバンはもちろん、今ではコンパクトカーや軽自動車にも天井の高い車種が多い。そこにSUVも加わったから、天井の低いクルマで出かけると埋もれてしまう。

20年ほど前まではいろいろなクルマがあって賑やかだったが(もはや昔話ですけど…)、今の売れ方は画一化された印象を受ける。

特に減ったのがスポーツクーペだ。90年代の中盤頃に比べると、売れ行きが10%程度まで落ち込み、車種数も激減している。

クーペの人気低迷があるのは事実だが、ニーズがそこまで減ったとは考えにくい。車種が減って欲しいクーペが見つからず、ユーザーをさらに逃しているという悪循環もあるだろう。

それでも日産は、「GT-R」、「フェアレディZ」、「スカイラインクーペ」とスポーツクーペを頑張ってそろえているが、どれもLサイズだし価格も高額で選びにくい。比較的コンパクトなクーペでは、「マツダ ロードスター」が長らく弧軍奮闘していたが、2012年に「トヨタ 86」と「スバル BRZ」が加わった。分母が小さかったから、この2車の登場でクーペ市場は一気に華やいだ。

そして2014年6月には「ダイハツ コペン」、2015年3月には「ホンダ S660」がデビュー。この2車は販売比率を大幅に拡大させた軽自動車の規格に収まり、需要の新たな掘り起こしをねらっている。

一方、コンパクトなスポーツカーの老舗とされる「ロードスター」も、2015年5月に新型(ND型)へモデルチェンジ。上級車種に偏っていたクーペの品ぞろえが整ってきた。

そこで今回はロードスター/S660/コペンの3車種を比べたい。「コペン」と「S660」は軽自動車、「ロードスター」は1.5リッターエンジンを搭載する3ナンバー車だが、いずれも設計が新しいオープンボディの2シーター(後席を備えない2人乗り)だ。運転感覚が楽しいだけでなく、屋根を開けた時の開放感も満喫できる。

文:渡辺陽一郎 撮影:茂呂幸正

[ 情報提供:オートックワン ]

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • crg*****|2015/08/29 11:45

    違反報告

    納期の常識の範疇を超えている???納期の常識とはどれ位の納期を言っているのか?
    今現在、HONDA(八千代工業)で月に生産出来る約800台前後の数倍の1年分のオーダー
    が来ているのだから納期が遅くなるのは仕方のない事では無いですか?
    S660だけを生産している訳では無いのでこの事を車の良し悪しと考えるのは可笑しい。
    自分は実車を観て、試乗し購入を決めて6月にオーダーし来年の6月前後に納車の予定。
    来年に納車に成るからHONDAが悪いとか車が良くないとは思わない、変らぬ条件で
    良い車を作り届けて貰えれば其れで充分。
  • umi*****|2015/08/29 17:48

    違反報告

    確かにクーペ市場は寂しい。大きく高額だったりで選択肢が少なく、せっかく出てもオープンだったり、ハイブリッドだったりで、軽量で安価な昔流行ってたようなクーペが選べないのは寂しいね。乗り出し250万位でシルビアやセリカみたいなのまた出て欲しいな。
  • rod*****|2015/08/29 13:16

    違反報告

    納期が人気(魅力)を物語っているのではないか?

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します