現在位置: carview! > 編集記事 > ライバル車比較 > 人気のドイツ車プレミアムセダン、Cクラス・3シリーズ・A4を徹底比較:概要

ライバル車比較:人気のドイツ車プレミアムセダン、Cクラス・3シリーズ・A4を徹底比較

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 前のページ | 次のページ ]

左から、BMW 3シリーズ、アウディ A4、メルセデス・ベンツ Cクラス
左から、BMW 3シリーズ、アウディ A4、メルセデス・ベンツ Cクラス

安全装備が充実した新型メルセデス・ベンツ Cクラスを中心にドイツ車人気セダン3車を比較

「「車両価格が400万円以上のセダンでは、ドイツ車の人気が高く日本車は苦戦している」と日本車メーカーの開発者は言う。それは当然の成り行きでもあるだろう。1989年に自動車税制が改訂された後の国産上級セダンは、海外向けの3ナンバー車と共通化された。サイズの拡大にとどまらず、クルマ造りが日本のユーザーから離れたことで売れ行きを落とした。

そして「海外向けに開発された日本車」よりも「海外メーカーが開発した輸入車」の方が魅力的なのは当然で、「ドイツ車の人気が高く日本車は苦戦している」という結果を招いた。

ただし日本で輸入車が好調に売れているわけではない。北米や欧州の場合、20~35%は輸入車で占められ、日本メーカーも海外に工場を持つ。一方、日本に海外メーカーの工場はなく、小型&普通車に占める輸入車の割合は約12%だ。

そして日本国内では、軽自動車の販売比率が約40%に達した。国産セダンが「日本離れ」をした結果でもあり、同時に近年の軽自動車の優秀性も物語る。

以前の輸入車比率は約8%だったから、今が12%なら大幅な拡大ともいえるが、輸入車はいまだに身近な存在ではない。海外メーカーが各ブランドの個性を生かしながら、「日本でさらに売れるクルマ」を開発する余地は十分にある。

この発端になりそうなのが、メルセデス・ベンツ 新型Cクラスだ。先代モデルの特徴は主に内外装や走りの質だったが、新型は衝突回避の支援機能を充実させた。以前からメルセデス・ベンツが備えていた優れた走行安定性と結び付き、「総合的な安全性能」を高めている。

今回はメルセデス・ベンツ Cクラスを中心に、BMW 3シリーズ、アウディ A4も加えて、人気のドイツ車セダン3台を比べてみたい。

文:渡辺陽一郎 撮影:茂呂幸正

[ 情報提供:オートックワン ]

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します