現在位置: carview! > 編集記事 > ライバル車比較 > お手頃ミニバン3台徹底比較:総合評価

ライバル車比較

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 前のページ | 次のページ ]

マツダ プレマシー

このページのトップへ

多くの訴求点を持つ万能ミニバン

国産車のこのクラスとしては珍しく、全幅が5ナンバー枠を超えているが、それによって、室内空間や衝突安全性、走行性能などをより適正に近づけることができていると考えていいだろう。

一方で全長や全高は手頃で、もっと大きなクルマやハイルーフミニバンを運転するのはおっくうという女性にとっても扱いやすいはずだ。また、このクラスのロールーフミニバンでは珍しく両側スライドドアを持つ点もプレマシーの特徴で、加えてカラクリ7thシートをはじめ多彩なシートアレンジによる使い勝手のよさも光る。

そして、十分な室内空間とスライドドアを持ちながら、ハイルーフミニバンではないので、重心が低く、走りの基本素性が良いところもプレマシーならでは。

さらに、モデルチェンジで走りの味付けが変わり、快適な乗り心地を手に入れるとともに、とても一体感があり気持ちよく走れるようになったところも評価したい。そこにアイドリングストップシステムが加わり、興味深いエクステリアデザインも身に着けた。

そして、そもそも価格設定に割安感がある。それは今回の2モデルもさることながら、ウィッシュやストリームに対してもアドバンテージだ。持ち前の万能さに加え、3代目プレマシーはより多くの訴求点を身に着けたといえるだろう。

スバル エクシーガ

このページのトップへ

ワゴン+αの「ツーリング7シーター」

ミニバンが欲しい人に向けてというよりも、基本的にはレガシィのようなワゴンが欲しいのだが、どうせならシートは3列があったほうがいい、という人のためのクルマといえるだろう。

スバルもエクシーガのことを「ミニバン」という言葉を一切使うことはなく、ツーリング7シーターと表現しているが、このクルマをミニバンと呼ぶことにはたしかに違和感を覚える。

おそらく日本車の全ラインアップの中で、もっともミニバンらしくない3列シート車で、こうしたクルマだからこそ乗って感じられる安心感というものもある。

そのエクシーガに、従来の4速ATに対し、動力性能や燃費が改善されることは確実でありながら、最廉価の20iグレードのみ導入されていなかったリニアトロニック(CVT)が、価格をあまり上昇させることもなく採用されたことを歓迎したい。

エクシーガの20iグレードというのは、低価格ながら使い勝手にかかわる装備は十分に与えられているので、上級仕様こだわらなければ、非常にコストパフォーマンスの高い実用車である。

ホンダ フリード

このページのトップへ

ミニバンとコンパクトカーのいいとこ取り

ミニバンとコンパクトカーのいいとこ取りをしたようなクルマで、このサイズの中に、あまり無理のない3列シートを実現しているところが偉い。

すでにミニバンの便利さを知ったユーザーのダウンサイジングにも、あるいは反対にコンパクトカーに+αの利便性が欲しいというユーザーにとっても、どちらも満足できるであろうパッケージを持っている。

また、コンパクトなサイズながら、スクエアでかつ十分な高さのある室内空間が確保されているので、万能性の高いプレマシーに対しても、さらに自由度の高そうな雰囲気を持っている。

フィット(2010年1月~6月の販売台数9万160台/登録車2位)やステップワゴン(同4万5572台/同6位)がこれほど売れていながら、さらにフリード(同4万2559台/同8位)がこんなに売れていることには驚かされる。

そのあたりに、こうしたパッケージのクルマへのニーズの大きさと、デザインも含めこのクルマが持つ商品性の巧さが表れている。

文:岡本幸一郎 撮影:島村栄二

[ 情報提供:オートックワン ]

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します