現在位置: carview! > 編集記事 > マーケット > ノートなどが好調も5ナンバー車は苦戦。輸入車8月としては過去最高【マーケット概況・8月】

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スズキ、マツダ、三菱が全部門で前年比プラスを達成

販売状況をブランド別に見ると、8月はトヨタ、ホンダ、スズキ、日産、マツダ、三菱、レクサスの7ブランドが前年実績を上回った。一方、ダイハツとスバルはマイナスだった。

トヨタは、普通乗用車と小型乗用車がプラスとなり、全体では0.8%増とわずかながら拡大した。カローラやクラウンなど好調なモデルもあったが、モデルライフ後半のモデルに足を引っ張られた格好だ。一方レクサスブランドは前年比21%増と大きく拡大。もっとも台数を稼いだのは「NX」で、SUV人気の波に乗り、325%の大幅な伸びを示した。

ホンダは普通乗用車と軽乗用車が2ケタ増を達成し、全体では4%のプラスに。「ステップワゴン」と「N-BOX」の貢献が特に大きかった。スズキは普通乗用車、小型乗用車、軽乗用車の全部門でプラスとなり、全体で15%増と躍進した。なかでも「クロスビー」や「ジムニー」シリーズといったSUVモデル、および軽トールワゴンの「スペーシア」が台数を稼いだ。

日産は得意の電動駆動モデルを設定する「セレナ」とピュアEVの「リーフ」が好調で普通乗用車が26%増と大きく拡大。また軽乗用車も3%増を達成し、全体で7%の拡大を示した。マツダは西日本の豪雨により生産規模を減らした前月のマイナスから回復し、普通乗用車、小型乗用車、軽乗用車の全部門でプラスを達成、全体では14%増とV字回復を成し遂げた。

三菱は新型車「エクリプスクロス」のみならず、「アウトランダー」や「デリカD:2」も販売を伸ばし、全部門で販売を拡大、全体で19%増と好調の波に乗った。

好調のメーカーが多かったなか、ダイハツは販売の主力の軽が2%減少し、全体では0.5%とわずかながらマイナスに。またスバルは新型「フォレスター」が好調だったものの、各部門で前年実績を下回り、苦しい状況が続いている。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します