現在位置: carview! > 編集記事 > マーケット > アクア、ヴィッツなど好調 コンパクト市場拡大【ボディタイプ別売れ筋・7月】

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンパクト/ハッチバック部門:アクア、ノート、ヴィッツが上位固める

コンパクト/ハッチバック市場は、前月から登録台数が5075台増え、全体で8万8605台に達した。ちなみに7月の新車全体の販売台数は前月比で2.7%縮小しており、市場全体が縮小した中でこれだけ台数が伸びたことになる。では市場拡大の要因は何だったのか。

まず注目の「カローラスポーツ」をチェックすると、7月はランキングではトップ5には入っておらず、登録台数は2550台で、順位は11位だった。上位には食い込まなかったものの、登録台数の上乗せには大きく貢献した。なおトヨタの発表によれば、カローラスポーツは発売1ヶ月で9000台を超える受注を得ているとのこと。工場出荷までの期間はグレードにより1ヶ月から3ヶ月ほどと供給が追いついていない模様だ。来月以降も引き続き、動向を見守っていきたい。

さてランキング首位に立ったのは「トヨタ アクア」で、登録台数は1万1689台。4カ月連続で頂点に君臨している。続く2位「日産ノート」と3位「トヨタ ヴィッツ」も1万台の大台を軽く突破している。なおノートは7月上旬に電動駆動車「e-POWER」に4WDモデルを追加しており、来月以降はさらに台数を伸ばしてきそうだ。またヴィッツは、5月末に安全装備の充実を中心とする一部改良を行い、前月比44%増と大きく台数を伸ばしている。この伸びもハッチバック市場のシェア拡大に大きく寄与している。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します