現在位置: carview! > 編集記事 > マーケット > クラウン、ミラトコットなどの登場でランキングに変化【マーケット概況・7月】

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新車投入&テコ入れでトップ20のランキングに変化

乗用車ランキングは、6月に登場した「ダイハツ ミラ トコット」や「トヨタ カローラ スポーツ」、「トヨタ クラウン」の登録が進んだことで、上位のランキングに変化が見られた。カローラとミラは以前よりトップ20の常連だったが、新型登場によりカローラは13位(8053台)から10位(9986台)、ミラは11位(9114台)から6位(1万1205台)へとそれぞれ順位をあげることに成功している。

また、クラウンも前月まではトップ20に入っていなかったが、7月は17位(7225台)と、久々のトップ20入りを果たした。いわゆるLクラスセダンではもっとも上位にランクしており、小型ハッチバックやトールワゴン系軽乗用車が幅をきかせた状況に風穴を開けた。

首位は「ホンダ N-BOX」がキープ。前年同月比約36%増の1万9668台とあいかわらず絶好調だ。2位の「スズキ スペーシア」は2017年12月にフルモデルチェンジで安全装備を充実させ、最高30km/Lの低燃費を実現するなど商品力をアップ。4ヶ月連続で2位を守っている。3位には「日産 デイズ」がランクイン。前年比4%減の1万1703台とやや前年割れしているものの、5月末に一部改良を行なった成果もあり、前月から順位を1つアップした。

4位と5位は「トヨタ アクア」と「日産 ノート」のハイブリッド/電動駆動車がランクイン。また、7位「トヨタ ヴィッツ」は、前月の15位から一気に順位を上げてきた。ヴィッツは、5月末に一部改良を実施し、歩行者対応型の自動ブレーキを搭載するなど安全装備の充実を中心とする改良を行なったばかり。これにより6月の7768台から7月は1万1184台と大きく台数を伸ばした。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します