現在位置: carview! > 編集記事 > マーケット > セダン市場に早くもクラウン効果。ロードスターがベスト5落ち【ボディタイプ別売れ筋・6月】

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンパクト/ハッチバック:アクアとノートが接戦繰り広げる

今年上半期に登録車のトップ1-2を飾った「日産 ノート」と「トヨタ アクア」。これらの健闘もあり、コンパクト/ハッチバック市場は高水準で推移している。6月は計8万3530台が登録され、登録車全体の37.9%を占めた。ハイブリッド/電動駆動車を中心とした低燃費車が人気の中心となっている。

6月の販売トップは「トヨタ アクア」。6月の需要の高まりの波に乗り、前月から13%増の1万1638台を登録。4月の改良の成果で着実に台数を積み上げている。2位に入ったのは「日産 ノート」。登録台数は1万1321台とアクアに約300台差まで詰め寄り、プレッシャーをかけている。

3位には「トヨタ ルーミー」がランクイン。前月比15%増と波に乗っている。4位にはホンダの主力「ホンダ フィット」が前月からランクアップしてきた。一方、5位の「トヨタ ヴィッツ」は5月末に実施した安全装備の充実が効いて、前月比52%増と大きな飛躍を見せた。

なお「カローラスポーツ」は6月に1400台を登録し、早くも存在感を発揮している。登録が本格化する7月はどこまで順位を上げてくるのか楽しみだ。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します