現在位置: carview! > 編集記事 > マーケット > ノート、レヴォーグ、LCがカテゴリ首位に。カムリ、WRXも好調【ボディタイプ別売れ筋・9月】

ここから本文です
マーケット 2017.10.31

ノート、レヴォーグ、LCがカテゴリ首位に。カムリ、WRXも好調【ボディタイプ別売れ筋・9月】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミニバン市場が新車マーケットを牽引

9月は、お盆休みなどで販売が減少する8月に対して台数が伸びる傾向にある。今年の新車市場も全体で前月比39.4%増の伸びを示し、大きく飛躍した。その伸びの要因も含め、マーケットの動きをボディタイプ別に探っていこう。

9月の新車マーケットは、前月までに登場した新型車(改良モデルを含む)の「スバル レヴォーグ」や「ホンダ N-BOX」が強さを発揮するとともに、「ホンダ フリード」や「トヨタ シエンタ」がマーケットを盛り上げ、ミニバン市場を中心に活況が目立った。台数は各市場で拡大しており、市場シェアではミニバン市場が1.1ポイント拡大。ステーションワゴン市場はやや拡大した。

なお9月に登場した新型車は、主だったところでは「ホンダ シビック」がいよいよ市場に送りこまれた。シビックには、「ハッチバック」(5ドア)、「セダン」、ハッチバックベースの高性能版「タイプR」の3モデルがあり、当記事ではシビック ハッチバックとタイプRをコンパクト/ハッチバック部門、シビック セダンをセダン/ファストバック部門に分類した。それではさっそく各部門の動きを見ていこう。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します