現在位置: carview! > 編集記事 > マーケット > ワゴンR急上昇。メルセデス24カ月連続トップ堅持【マーケット概況・2月】

ここから本文です
マーケット 2017.3.15

ワゴンR急上昇。メルセデス24カ月連続トップ堅持【マーケット概況・2月】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新型車効果で登録車の好調続く

2月の新車販売は、最需要期の3月に向けて盛り上がる傾向にあるが、今年もその例に漏れず1月から順調に台数を伸ばした。新車販売全体は48万4724台で、前月から20.7%拡大。前年比でも7.3%増と好調に推移した。それでは順に細かく見ていこう。

登録車(貨物等含む)の新車販売台数は、前年比13.4%増の31万2035台で、2月としては3年ぶりに30万台を超えた。登録乗用車は27万3860台(14.4%増)で、このうち普通乗用車が前年比9.3%増の14万3839台で11カ月連続のプラス。小型乗用車は前年比20.6%増の13万0021台で4カ月連続のプラスとなった。2016年後半に投入された「トヨタ C-HR」「日産ノート」の改良モデル、新型「日産 セレナ」や「ホンダ フリード」などが販売をけん引した。

軽自動車は、前年比2%減の17万2689台で2カ月連続のマイナスに。乗用車は同2.3%減の13万9455台だった。スズキが発売した新型「ワゴンR」の好調などで前月から若干回復したが、前年水準は超えられなかった。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • bat*****|2017/03/15 17:07

    違反報告

    ワゴンRは2月デビューだから、軽では4番目というのはかなり健闘していると思う。とはいえ、BEST3の牙城は高い。中でも意外なのはディズ。ルークスとの合算と思うが、燃費問題でエコカー減税率では不利なハズなのに2位の座をキープしている。
    やっぱり販売店の多さが影響しているんだろうか?
    今回のワゴンRは、内外装のデザインについては賛否両論あるが、中身は確実に進化している。室内空間こそスーパーハイト勢が有利だが、ワゴンRの走行性能や使い勝手はかなり良くなっているので、徐々に販売台数が増えてくると思う。
  • mas*****|2017/03/15 16:48

    違反報告

    最近のスズキのデザイン、キメキメのカッコよさというよりかは
    ちょい「外し」を狙ってる感じがする。飽きなさというか。
  • cos*****|2017/03/15 16:03

    違反報告

    ネットと教習所で大人気のマツダがランクインされていないのは何故?

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します