現在位置: carview! > 編集記事 > マーケット > セレナがジャンプアップ。フリードは早くも上位争いに【マーケット概況・10月】

ここから本文です
マーケット 2016.11.17

セレナがジャンプアップ。フリードは早くも上位争いに【マーケット概況・10月】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

普通乗用車は2ケタ増を維持

10月の新車販売は、需要期の9月に比べ、落ち込む傾向にある。今年もその例に漏れず、前月比11.8%減の37万8741台と縮小した。前年との比較では、0.4%減とほぼ同水準を維持。このところ前年割れが多かったが、不調だった軽販売が持ち直してきているため、年末に向けて前年実績を上回る期待も持てそうだ。

登録乗用車の新車販売台数は20万9836台で、前年を1.6%上回った。このうち普通乗用車は11.6%増の11万2198台。9ブランド中、トヨタ、ホンダ、日産、スバル、スズキの5ブランドが前年実績を上回った。小型乗用車は、前年比7.9%減の9万7638台で、こちらはホンダ、スズキ、ダイハツ、三菱の4ブランドが前年実績を達成。登録乗用車はホンダとスズキの好調ぶりが目立った。

一方、軽乗用車の新車販売台数は、前年比3.4%減の10万4870台。前年割れは22ヶ月連続だが、マイナス幅は2%台まで縮まっている。軽部門は、販売規模の大きいダイハツ、ホンダに加え、三菱とトヨタも前年越えを果たした。スズキは前年割れだったが、噂されている「ワゴンR」のフルモデルチェンジが現実のものとなれば、情勢は好転しそうだ。

なお、10月の目立った変化としては、「トヨタ プリウス」が「ホンダ N-BOX」を押さえて首位を奪還。また、高度な運転支援装置をひっさげて登場した新型「日産 セレナ」が大幅に台数を伸ばしてきた。それでは順に見ていこう。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します