現在位置: carview! > 編集記事 > マーケット > ニューモデル登場でミニバン市場が活性【ボディタイプ別売れ筋・9月】

ここから本文です
マーケット 2016.10.31

ニューモデル登場でミニバン市場が活性【ボディタイプ別売れ筋・9月】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハッチバック市場縮小へ

第2四半期のシメとなる9月は、例年新車販売が伸びる時期。今年もその例にもれず、前月比で28%拡大した。ボディタイプ別で前月からシェアを伸ばしたのはセダン、ミニバン、SUV、クーペ/オープンカーの4部門。逆にハッチバックとステーションワゴンは減少した。

なかでもハッチバック市場は3.8ポイントダウンと減少幅が大きかった。これは現行プリウスがまもなく発売から1年が経とうとしており、新車効果が落ち着いてきたため。その他の市場が新車の登場でシェアを拡大した影響もある。

なかでも、いま勢いがあるのがミニバン市場。8月に「日産 セレナ」がフルモデルチェンジし、さらに9月には新型「ホンダ フリード」が登場。これによりマーケットが賑わい、市場シェアは今年初めて3割を超えた。それでは各市場の動向を順に見ていこう。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • kaw*****|2016/10/31 16:24

    違反報告

    N-BOXが登場して4年経ってもまだ首位って本当にすごいと思う
  • sto*****|2016/10/31 18:43

    違反報告

    ま、色々なコメントがこの後出るんでしょうけど、買ってる人の大多数はこんなトコを参照して買わないだろうし、そもそも読まない、存在すら知らないだろう。で、自分を含めてこんなトコにコメント出すのは一部の車好きだし、この記事になんか関係ない車に乗ってると思うんだ。
    つまり、そんなに車が好きでもなく、道具として生活必需品の一部で買うわけだから、ひと頃のデートの必須アイテムだのといった趣味やハッタリで買う人も絶滅したんだろうね。だからつまらない車ばかりになったんだよ。
  • tey*****|2016/11/01 03:12

    違反報告

    デイズが未だこんなに売れている事にびっくり。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します