現在位置: carview! > 編集記事 > マーケット > モデル末期のセレナが奮闘、VWも復調傾向【マーケット概況・5月】

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

がんばりを見せる日産

5月の乗用車ランキング(軽乗用車含む)は、トップ20に登録乗用車が11台、軽乗用車は9台入り、登録車の数が軽を上回った(4月は登録車10台、軽10台)。今月トップ20から外れたのは「ダイハツ キャスト」。新たに入ったのは「日産 セレナ」だ。セレナは直近に改良などが施されたわけではないが、後発の「ホンダ ステップワゴン」をも上回る台数を販売し、5月はさらに「ノート」も13位から10位にアップするなどがんばりを見せている。上位常連組だったデイズが抜けたぶんの穴埋めに奮闘する営業努力の賜物か。

さて、そのほかの顔ぶれは4月から変わっていない。トップ5については、順位もそのままで首位「トヨタ プリウス」、2位「トヨタ アクア」、3位「ホンダ N-BOX」、4位「ダイハツ タント」、5位「トヨタ シエンタ」の順。このうちプリウスは唯一2万台を突破しており、ダントツの勢いを見せている。2位のアクアも安定した人気ぶりだ。

このほか登録車で存在感を発揮したのは「トヨタ パッソ」。トヨタの最小コンパクトは、発売月の4月に20位に入り、5月は8位まで順位をあげてきた。ガソリン車では登録車ナンバーワンとなる燃費性能などが人気を集めている模様。一方で、同じトヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」は、4月の11位から20位にまで順位を下げてしまった。

軽自動車は、「ホンダ N-BOX」が3ヶ月連続で首位をキープしている。軽2位の「ダイハツ タント」もN-BOXに引き離されまいと必死の追い上げを見せ、204台差まで詰め寄る。今後の軽の首位争いは見ものだ。スズキはこのホンダとダイハツによる首位争いからやや遅れをとっているが、「アルト」(軽3位)があいかわらずの強さを見せる。またこれに「スペーシア」「ハスラー」と続いており、スズキの軽は中堅をがっちり固めている状況だ。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します