現在位置: carview! > 編集記事 > マーケット > プリウスが2万台超! VW・アウディが回復傾向【マーケット概況】

ここから本文です
マーケット 2016.2.16

プリウスが2万台超! VW・アウディが回復傾向【マーケット概況】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小型乗用車は停滞

2016年最初の月となる1月の新車マーケット。国産・輸入・乗用・商用すべてを含む総登録台数は38万2876台で、前年を4.6%下回った。ただ、2ケタ減となった12月に比べると下げ幅は縮小し、登録車については0.2%のプラス。軽自動車は11.6%のマイナスとなるなど部門により差が出た。詳しい状況を日本自動車販売協会連合会(自販連)、全国軽自動車協会連合会(全軽自協)、日本自動車輸入組合(JAIA)が発表したデータから見ていこう。

登録乗用車(輸入車含む)は全体で前年比1.3%増の21万0384台。去年の同じ時期に比べ約2700台増加した。このうち普通乗用車は22.7%増の11万8184台。新型「トヨタ プリウス」の登場で市場が膨らんでいる。一方、小型乗用車は17.2%減の9万2200台と落ち込みが目立った。「トヨタ シエンタ」のように好調なモデルもあるが、トヨタ、日産、ホンダの3強は軒並みこの部門で2ケタ減となるなど市場は停滞気味だ。

軽乗用車の登録台数は11万8610台で、前年比13%減のマイナスだが、市場規模は好調な普通乗用車を上回っており、2ヶ月ぶりに乗用車部門で最多となった。乗用車全体(輸入車除く)に占める軽のシェアは38.0%。前年の同じ月に比べると3.7ポイント(台数で約1万8000台)減少しているが、軽自動車増税があった2015年4月以降でみると平均的な水準だ。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します